M女ペディア

"出会えない"を"出会える"に変えるSMハウツーがここにある。SM初心者から上級者まで、SMコラムやセックステクニック、M女に関する情報を全国のS男性に発信しています。

SMハウツー

M奴隷に美しい亀甲縛りを施すやり方とは?

投稿日:2019年5月1日 更新日:

SM緊縛に興味を持つ男性であれば、一度はやってみたい縛り方として挙げられやすいものが亀甲縛りではないでしょうか?
亀甲縛りは縛りを施した身体の表面で美しい六角形が描かれることが特徴的な緊縛であり、多くの人が全身緊縛という言葉を聞いて思い浮かべる典型的で美しい緊縛の形がこれに当たります。

そしてこの縛り方はその高い評価、ニーズに比べると若干敷居が高い縛り方であるとされており、その理由には亀甲縛りという名のこの縛り方が見た目通りに難しい部類の緊縛方法に入るからです。
実際私が知っている緊縛好きな男性の中でも、この縛りを美しく無理のないかたちですぐに実現できる人は数える程度しか居ません。

十数年間ずっとSMプレイを楽しんできたSM調教師でさえ、緊縛に関してはあまり自信がないと言う人が多いくらいですから、SM緊縛における花形とも呼べる亀甲縛りが難しいのはある意味自然なことかもしれません。
ただそんな難しい亀甲縛りを観ているだけで満足できるような人は、自らSM調教師を名乗ってマゾ女性の多くとお付き合いするような人生は歩まないことでしょう。

やはりSM緊縛を普段から楽しんでいるSM調教師たるもの、人生で一度は美しい亀甲縛りをマゾ女に施してみたいはずです。
そこでここではマゾな奴隷女性に対して美しく無理のない亀甲縛りを施すために役立つ、便利な緊縛調教テクニックについてご紹介していこうと思います。

最初は緩く何度も縛ってみる

楽器の演奏でもスポーツの習得でもなんでもそうですが、最初は基本のフォームを何度も何度も繰り返し練習していくことがとても大切なことです。
たとえば吹奏楽や声楽が上手い人ほど一つの音を安定して長時間出すことができるもので、そのために同じ声や音程を出す練習を何度もしているものです。

同じく球技が上手いプレーヤーほど、素振りや球拾いを嫌になるくらい回数をこなし、次第に確実にそれに見合った身体と感覚を手にしていくものです。
それらと同じように、緊縛を上手く行おうとする場合はまず縄の扱い方に慣れることが大切であり、そのためには軽く緩く何度も何かを縛ってみる経験が必要になります。

できれば特に女性の生の身体を何度も軽く縛る機会を得てほしいものです。少し緩すぎるのではないかと思ってしまうくらいに軽い縛りであっても、それを何度も続けていれば、縄をどの程度強く縛れば美しい形が維持できるのか、ということが感覚で理解できるようになってきます。
また、軽く縛ることは相手に負荷を与えづらいため、連中のために何度も縛ることができるようになってとても便利です。

ですからまず緊縛初心者は、まず軽く何度も亀甲縛り風の緊縛をとりあえず形だけでもできるように努力してみることから始めるといいのではないかと思います。

美しくブレのない六角形を目指す

亀甲縛りの美しさはそれを行うことで体の表面に現れる六角形の形にこそ宿るものです。
そのため、亀甲縛りを本気で上手くできるようになりたいなら、まずはその六角形を美しく表現できるようにすることから目指してみるといいでしょう。

ほんの少しマゾ奴隷が動いただけで形が崩れるような六角形はもちろんダメですし、元々どこか歪んだ形をした六角形も最初から作らないように気を付けなければなりません。
そしてそんな歪みがなくブレることがない六角形を作ることはとても難しく、同時にこれさえできれば見た目の上では亀甲縛りは大体上手く完成してくれるものです。

相手に快感よりも誇りを感じさせる

亀甲縛りは他の緊縛方法よりも見た目を重視した縛り方であるため、これを行う際は縛る対象に快感を感じさせようと考える必要はあまりありません。
逆に快感ではなく誇りのようなもの、つまり亀甲縛りを受けている自分は選ばれた存在なのだとか、深く愛されているのだという実感を持たせることがとても大切です。

そういった誇りを感じられるほどに美しく完成された亀甲縛りができれば、場合によっては写真集などを自ら作ることもしやすいことでしょう。
実際私のある友人は亀甲縛りや菱型縛り、さらには吊り緊縛などを極めた結果、その縛りを撮影した写真集を作ることで一躍有名な緊縛師になったと聞いています。

このように亀甲縛りなどの見た目重視の緊縛は快楽を引き出すという肉体的なメリットよりも、誇りや愛情を感じさせる精神的なメリットを重視して行った方が良いでしょう。
緊縛調教は一度そのコツを掴めば、それ以後意外と簡単に美しくこなせるようになるものですから、まずはSM専門のパートナーと出会い、実際に緊縛技術を高めていく努力を始めてみてほしいと思います。

実際に私が出会えているSM出会いサイト

  • SMism

    M女を探すのであればここ!と言ってしまっていいほどM女の割合が高いです。 一般であれば男女比は3:7ほどですが、ここだけに限っては3:7と、なんと男女比が逆転しまっています。 現状男性会員の供給が間に合わず、ご主人を探しているM女が毎日掲示板に募集をかけているのです。 運が良ければ何人ものセフレを作ることも可能な、まさに夢のようなサイトです。

  • SMマッチングコミュニティ

    ワンランク上のSMをしたい、そういった経験者の人に強くおすすめしたい出会い系です。 精神的調教や苦痛、地に堕ちたマゾ達が平日土日問わず24時間書き込みが絶えません。 個人的にもいま一番ハマっている出会い系です。

  • SMMAX

    恐らく日本で最も会員数が多いのではないでしょうか。ソフトプレイが人気の傾向にありますが、ド変態なセフレ探しにもたいへん便利です。 そして一番の特徴はSMの知識が乏しい初心者の多くはこのサイトの利用が多いという点です。 真っ白な画用紙に色がつくと目立つように、知識がない女の子はたいへん調教しやすく、自分色に育てやすいです。 経験が少ないM女を自分好みに一から育てたい人、SM初心者の人におすすめします。

  • -SMハウツー

    執筆者:


    comment

    メールアドレスが公開されることはありません。

    関連記事

    潮吹きが上達するコツ

    多くの男性が大好きな「潮吹き」。 潮吹きができる女性とできない女性、さてあなたはどちらを選びますか、恐らく後者なはずです。 ですが男性にも大なり小なりテクニックが必要なので、潮吹きが上達するコツをお伝 …

    乳首が小さいM女を肥大化させるテクニック

    小さいものを大きくすることは基本的に難しいことなのは間違いないことでしょう。 たとえば身長を高くするのが難しく、胸を大きくするのは難しい、なんてことは男女共に若いうちに誰でも自覚することです。 そして …

    M女をゲット!出会い系コミュニティサイトで見つけるメリット5選

    一昔前までは出会い系といえば業者やサクラばかりの悪質なイメージが強かったのですが、現在ではそんな悪徳業者もだいぶ少なくなり、アダルトな出会いと言えども安心・安全に利用することができるようになりました。 …

    自縛で実現が難しい後手縛りの楽しみ方

    DIYの精神で、日々自縛に励むマゾ男が世の中多いです。 実際自縛をすればSMパートナーが居なくてもいつでも緊縛の快楽を味わえるわけですから、常々人気があるのも頷けます。 しかし自縛というのはご存知のよ …

    クンニ好きなS男が知るべき感染症のリスク

    M女を責める手段や通常のセックスの前戯としてもポピュラーなオーラルセックスであるクンニリングス。 普段何気なく行っているようなクンニですが、感染症のリスクについて考えたことがあるでしょうか? 感染症は …