M女ペディア

"出会えない"を"出会える"に変えるSMハウツーがここにある。SM初心者から上級者まで、SMコラムやセックステクニック、M女に関する情報を全国のS男性に発信しています。

M女コラム

M女はハラスメントを受けても大丈夫なのか?

投稿日:2019年7月30日 更新日:

M女はマゾなので、どんな嫌がらせでも喜んで受け入れると思われています。
ですが、嫌がらせしてくる相手やそのシチュエーションが適していないと、一般的な女性のように嫌がります。

M女は仕事の時やただの友人などからハラスメントを受けても全く嬉しくありません。
それどころか、その相手のことが嫌いになり、できることならセクハラなどで訴えたいと思うようになるでしょう。

M女は四六時中、M女なわけではなく、普段は普通の人です。
特定の人からしか、SMや嫌がらせに見える行為を許しません。
誰でもいいわけではないのです。

なので、M女だからといってもハラスメントをしてはいけません。

ただし、M女も普通の女なので、ハラスメントをうけても笑って受け流すことも多いです。
それを喜んでいる、受け入れてくれていると勘違いする男の多いこと。
M女か普通の女かは関係なく、そのように勘違いをしている男の人は本当に多いです。
だから、何がセクハラか分からないと平気でいうのです。

相手が女というだけで、レッテルを貼っているのでしょう。
自身にももちろん、男だから立場が上だというレッテルを貼っているのです。
男らしさという社会的な思い込みから解放されたら、女へのセクハラや思い込みがなくなっていくでしょう。

いや、M女なんだからどんな時でも誰からでも嫌がらせを受け入れろ。と思うかもしれません。
しかし、その考え方はとても危険です。

その考え方は相手のことを考えない独りよがりな考え方なので、S男に向いていません。
セクハラやDVを肯定する迷惑男にしかなれません。
あまりM女と長続きしない場合は自分がそのような迷惑男になっていないか、よく考えてみましょう。

中にはどんな人からでも嫌がらせされるのは嬉しいというM女もいます。
ですが、そういうM女はM女の中でも少数派です。
そのM女がどちらなのか見極めができないのなら、ハラスメントをしない方が無難です。

!PC用記事下広告

実際に私が出会えているSM出会いサイト

  • SMism

    M女を探すのであればここ!と言ってしまっていいほどM女の割合が高いです。 一般であれば男女比は7:3ほどですが、ここだけに限っては3:7と、なんと男女比が逆転しまっています。 現状男性会員の供給が間に合わず、ご主人を探しているM女が毎日掲示板に募集をかけているのです。 運が良ければ何人ものセフレを作ることも可能な、まさに夢のようなサイトです。

  • SMマッチングコミュニティ

    ワンランク上のSMをしたい、そういった経験者の人に強くおすすめしたい出会い系です。 精神的調教や苦痛、地に堕ちたマゾ達が平日土日問わず24時間書き込みが絶えません。 個人的にもいま一番ハマっている出会い系です。

  • SMMAX

    恐らく日本で最も会員数が多いのではないでしょうか。ソフトプレイが人気の傾向にありますが、ド変態なセフレ探しにもたいへん便利です。 そして一番の特徴はSMの知識が乏しい初心者の多くはこのサイトの利用が多いという点です。 真っ白な画用紙に色がつくと目立つように、知識がない女の子はたいへん調教しやすく、自分色に育てやすいです。 経験が少ないM女を自分好みに一から育てたい人、SM初心者の人におすすめします。

  • -M女コラム
    -,

    執筆者:


    comment

    メールアドレスが公開されることはありません。

    関連記事

    大好きな彼女をSMプレイに誘うやり方

    大好きな恋人とでも期間が経てばセックスは段々とマンネリ化してきてしまいますよね。 それが原因で体の関係が減ってしまいお互い冷めてきたリ、結果的には別れてしまったりするカップルも少なくありません。 SE …

    SM生活の必需品!人気おすすめ・コンドーム特集!

    「コンドームをつけない男は挨拶できないのと一緒だ」、加藤鷹さんの心に残る名言ですね。 セックスとは自分だけが気持ちよくなればいいわけじゃない、お互いが気持ち良くなってこそ初めてセックスと呼べます。 し …

    M女コラムライター・小林ワカメのプロフィール

    初めてのオナニーは小学3年生でした。私、小林ワカメといいます。 好きな食べ物はキュウリ、ニンジン、時々ゴーヤ。毎朝コップ一杯の濃いめのカルピスを飲むのが日課の30代、生粋のM女でございます。 私が初め …

    M女に会う前の事前あれこれチェック

    身だしなみエチケット編 “身だしなみって言われても、どんなことに気をつければいいのかわからない。。。”という声をよく耳にします。 まず、大切なことは“清潔感”!せっかく着飾っても清潔感がなかったら、せ …

    野外セックスをする上で気をつけておきたい事5選

    暖かい季節になってくると遂に野外セックスが解禁されます。 冬でも出来る事はできるのですがどうしても寒くて腰の動きが鈍ったりしてしまいますので、やはり春夏の行事と言うべきでしょうか。 外で行えばいいとい …