M女ペディア

"出会えない"を"出会える"に変えるSMハウツーがここにある。SM初心者から上級者まで、SMコラムやセックステクニック、M女に関する情報を全国のS男性に発信しています。

M女コラム

現役M女が答える、魅力的なイジメられ方・魅力的なS男性像

投稿日:2019年10月22日 更新日:

どうも、小学生の頃、スカートめくりされるのがなんだかちょっと嬉しかった小林ワカメです。

私はM女だと公言しているわけではないのですが、ふとした拍子にカミングアウトしてしまう事があります。そんな時、必ず聞かれるのが、

『Sみたいにイジメる方はまだわかるけど、イジメられて気持ちイイとか嬉しいとかよくわかんない。なんで?』

って事です。
こんな風に言われると私は決まって、

『言葉では言い表せないから一度試してみるといいよ』

と答えるのですが、これはいちいち説明するのが面倒くさいからではなく、私の本音です。
初めてSMという世界に触れてからもう20年近くになりますが、実は今でも何故私はイジメられて気持ちイイのか、興奮するのか、よくわかりません。そういう生き物だからとしか言えないのです。

ですが、SMの魅力――M女である私の視点からいうところのイジメられる魅力ならたくさんあります。

今回はそんなM女視点からのイジメられる魅力についてお話してみたいと思います。
S男性の中でも(M女は何が気持ちイイんだろう)と疑問に思いつつSMプレイに興じている人もいるのではないでしょうか。そんな方に読んでいただけたら、M女への接し方やプレイの楽しみ方のコツを掴んでいただけるかもしれません。

M女は羞恥心や屈辱感をくすぐられるのが大好き

イジメられる最大の魅力といえばやっぱり羞恥心や屈辱感をくすぐられる事です。
M女は理屈抜きで辱めを受けるのが大好きです。「なんで?」などとは聞かないでください。聞かれても、「そういう生き物なのです」「どうしようもないスケベな女だからです」としか答えようがありません。

冒頭でも少し触れましたが、スカートめくりされるのが好きだった私は、
『スカートめくりされたらノーパンで、それを先生に見つかり叱られ、罰として校門でスカートをめくったまま一日立ってなさいと命令を受け、生徒や通行人にクスクス笑われながら下半身を晒す』
という妄想に耽り、毎日のようにオナニーをしていました。とはいえ、小学生よりももう少し大人になってからの事ですが。

現実的にこんなシチュエーションはあり得ませんし、日常の中で羞恥心や屈辱を味わえるような状況はほとんどありません。でも、SMプレイであれば様々なシチュエーションで辱めを受けられます。

逆に言えば、羞恥心や屈辱をくすぐられる悦びは、S男性とのセックスを含めたSMプレイの中でイジメられる事以外では味わえないのです。

M女はイジメられる事で愛情と幸せを感じる生き物

以前、同じM女であり友人のA子と一緒に食事をしていたところ、こんな話になりました。

A子「最近彼氏が出来たのだけど、普段からすごく物腰柔らかな人で、エッチの時も優しく気遣ってくれるんだけどなんだか物足りなくて…ワガママだよね」

私「イジメられると悦んじゃうタイプだからね、私達(笑)」

A子「そうそう、今言葉責めしてほしいな…とか、今日は縛られてエッチしたい気分だなとか、ついつい考えちゃう。よく『怒るのにもエネルギーがいる』っていうけど、イジメるにもエネルギーがいるよね。それだけのエネルギーをかけて私に接してくれてるって感じると幸せな気分になるよね」

このように、M女にとってイジメられるという行為は愛情と幸せを感じられるものなのです。

どうしてもイジメるというのは愛のない行為に思えるかもしれませんが、実はその逆です。
言葉責めをするにしてもどんな言葉が効果的か考えなければならないですし、縛るにしても技術を学ばないといけません。
イジメるという行為は普通のセックスよりもエネルギーや労力が必要なのです。
わざわざ私のために時間や労力をかけてセックスやプレイを盛り上げてくれている、というところに愛情や悦びを感じられるのもイジメられる魅力の一つとなります。

他の女性にはない自分だけの存在価値を見い出せる

M女は基本的に自己肯定感が低く、コンプレックスもたくさん持っている生き物です。他の女性と比べて自分は劣っている、と感じる事も多く、自信のなさが欠点でもあるのですが、そんなM女でも唯一、自分だけの存在価値を見出せる場所があります。それがSMという世界です。

女性をイジメたくなる、というのは男性の本能といえるのではないでしょうか。SMに興味のない男性でも小学生の頃、好きな女の子をイジメてしまった、という経験をもつ人は多いはずです。
けれど多くの女性がそんな男性の本能に否定的な反応を示します。
しかし、M女だけは違います。イジメられるのが悦びであるM女は男性の本能を悦び受け入れる事ができます。
「他の女性と違って私なら貴方の本能を満たす事ができる」
という自分だけの存在価値を見出せるのもイジメられる魅力です。

イジメられる魅力から見えてくるS男性の魅力

M女視点でイジメられる魅力についてお話しました。M女の本質は少しでも伝わったでしょうか。最後に、M女視点でのS男性の魅力についても少し触れたいと思います。

M女にとってS男性は、羞恥心や屈辱感を引き出してくれる、そして愛情や自分の存在価値を感じさせてくれる、唯一無二の存在です。
M女とどう接していいかわからないという方は難しい事は考えず、貴方自身がやってみたい事をどんどんM女にぶつけてください。もちろん、中には受け入れられない事があるかもしれません。でも貴方の気持ちの中に愛情があれば、M女はそれに最大限に応えたいと考える生き物です。
どうぞ、欲望と愛情をもって接してあげてくださいね。

!PC用記事下広告

実際に私が出会えているSM出会いサイト

  • SMism

    M女を探すのであればここ!と言ってしまっていいほどM女の割合が高いです。 一般であれば男女比は7:3ほどですが、ここだけに限っては3:7と、なんと男女比が逆転しまっています。 現状男性会員の供給が間に合わず、ご主人を探しているM女が毎日掲示板に募集をかけているのです。 運が良ければ何人ものセフレを作ることも可能な、まさに夢のようなサイトです。

  • SMマッチングコミュニティ

    ワンランク上のSMをしたい、そういった経験者の人に強くおすすめしたい出会い系です。 精神的調教や苦痛、地に堕ちたマゾ達が平日土日問わず24時間書き込みが絶えません。 個人的にもいま一番ハマっている出会い系です。

  • SMMAX

    恐らく日本で最も会員数が多いのではないでしょうか。ソフトプレイが人気の傾向にありますが、ド変態なセフレ探しにもたいへん便利です。 そして一番の特徴はSMの知識が乏しい初心者の多くはこのサイトの利用が多いという点です。 真っ白な画用紙に色がつくと目立つように、知識がない女の子はたいへん調教しやすく、自分色に育てやすいです。 経験が少ないM女を自分好みに一から育てたい人、SM初心者の人におすすめします。

  • -M女コラム
    -

    執筆者:


    comment

    メールアドレスが公開されることはありません。

    関連記事

    M女コラムライター・小林ワカメのプロフィール

    初めてのオナニーは小学3年生でした。私、小林ワカメといいます。 好きな食べ物はキュウリ、ニンジン、時々ゴーヤ。毎朝コップ一杯の濃いめのカルピスを飲むのが日課の30代、生粋のM女でございます。 私が初め …

    昔よりずっと探しやすいSMパートナー探し

    SM好きな人、一緒に楽しむSMプレイパートナーなど昔よりずっと探しやすくなったと感じます。 風俗店やアダルトサイトは昔から変わらず有り続けるのですが、SMが一般化してきたことで、隠すべき恥ずかしいマニ …

    熟練SM調教師が理想のM女に求めたいものとは?

    長年多くのマゾ女を相手にしてきた男性サド調教師としては、多くのマゾ女を相手すればするほどに自分が望む相手の水準も高くなっていくものです。 特にある一定期間を過ぎると必ずSM慣れした調教師はマンネリ気味 …

    外国人(白人・黒人)の女性と出会うにはどうすればいいのか?4つの方法

    近年では来日される外国人も年々増加しており、都内ではビジネスホテルが満室になるケースもでてきてますね。 一般人の住宅に泊めてあげるビジネスも出現してきており、海外の人が増加していると実感ができます。 …

    20代でSMをしたがる驚くべき7つの理由とは。

    今や若い世代でSMセックスが定番化しているなか、『20代でSMをはじめるキッカケはなんなんだ』という疑問を解決する為に極秘アンケートを実施しました。 身元がバレない為生々しい意見を吐く女性が多く、その …