M女ペディア

"出会えない"を"出会える"に変えるSMハウツーがここにある。SM初心者から上級者まで、SMコラムやセックステクニック、M女に関する情報を全国のS男性に発信しています。

SMブログ

【出会い】の目的はもう【中出し】じゃない?

投稿日:

こんにちは、麗嬢U子です。

めっきり涼しさも増して、朝方は少しは肌寒く感じるようになりましたね。
さて、今回は出会い】=【セックスして中出し】だったのが、最近はそういう事情でもなくなって来ている事についてお話したいと思います。

昔であれば【セックス】したい、【中出し】したい、そういう目的で【こんなサイト】利用する人がほとんどでした。
実際、私も寂しい時はつい人肌を求めて…なんて事も今でもあったりします。

でも昔程、【セックス】したいだけ、とか【中出し】したいだけっていう人は凄く減った気がするんですよね。
それはなぜか?単純に【出会い】の目的が多種多様化してきているからだと思います。

ただ【会いたいだけ】【人肌に触れたい】【キスしたい】もちろんHもしたい人もいると思います。
更には【セックスしながら目隠ししたい】とか【縛ってみたい】【今いるパートナーと違う事をしたい】
そういう人も増えてきているんですよね。

それが出会いを求める人が多種多様化している理由だと思いませんか?

特に昨今はネットが高速化し、色々な方法で【出会う】事ができる時代になりました。
つまり、単純にセックスしたいだけならいくらでも手段はある

それが結果として、【セックス】する事が目的ではなくて【セックス】の更にその先。
普段とは違う【セックス】、そして【出会い】の目的になって来てると思うんです。

だからこそSM希望する人口も増えて来ていますし、【こういうサイト】の利用者も増えているんでしょうね。

でも、行き過ぎた行為にだけはならないように気をつけて出会いを楽しみましょう。

!PC用記事下広告

実際に私が出会えているSM出会いサイト

  • SMism

    M女を探すのであればここ!と言ってしまっていいほどM女の割合が高いです。 一般であれば男女比は7:3ほどですが、ここだけに限っては3:7と、なんと男女比が逆転しまっています。 現状男性会員の供給が間に合わず、ご主人を探しているM女が毎日掲示板に募集をかけているのです。 運が良ければ何人ものセフレを作ることも可能な、まさに夢のようなサイトです。

  • SMマッチングコミュニティ

    ワンランク上のSMをしたい、そういった経験者の人に強くおすすめしたい出会い系です。 精神的調教や苦痛、地に堕ちたマゾ達が平日土日問わず24時間書き込みが絶えません。 個人的にもいま一番ハマっている出会い系です。

  • SMMAX

    恐らく日本で最も会員数が多いのではないでしょうか。ソフトプレイが人気の傾向にありますが、ド変態なセフレ探しにもたいへん便利です。 そして一番の特徴はSMの知識が乏しい初心者の多くはこのサイトの利用が多いという点です。 真っ白な画用紙に色がつくと目立つように、知識がない女の子はたいへん調教しやすく、自分色に育てやすいです。 経験が少ないM女を自分好みに一から育てたい人、SM初心者の人におすすめします。

  • -SMブログ

    執筆者:


    comment

    メールアドレスが公開されることはありません。

    関連記事

    バイブ挿入って本当は

    こんばんは、麗嬢U子です。 前回は【直接よりも間接】というテーマで刺激について話しましたが今回は「刺激」を題材にテーマは【バイブ挿入って本当は気持ちよくない】という男性からすると「えっ!?」って思う内 …

    【SM小説第三話】U子の悲劇

    「さぁ、楽しい時間の始まりだよ、U子」そう中山さんは笑みを浮かべながら私にアイマスクをつけようとする。 「嫌…やめて、中山さん」必死になって言葉を振り絞って抵抗する私。 手の自由は利かない、何も出来な …

    【56歳妻が61歳夫をしばり局部を切断】

    こんにちは、麗嬢U子です。 つい先日あったニュースですが、なんとも痛ましい事件になってしまいましたね。 実際、SMプレイもエスカレートすると歯止めが利かずに体を傷つける人も多いみたいです。 でも中には …

    ブログ始めました。

    はじめまして。今回新しくブログ連載を任せて頂くこととなりました、麗嬢U子です。 今回からブログを始める事になりました。初ブログという事で軽く私の事を自己紹介しておきます。 名前:U子年齢:33歳仕事: …

    中出し出来るM女

    こんにちは、麗嬢U子です。 前回の【電マの刺激は要注意】についても多数の反響ありがとうございます。 電マも使いようによっては効果的な道具になりますが、どうしても摩擦による怪我等も考えられるので使いすぎ …