M女ペディア

"出会えない"を"出会える"に変えるSMハウツーがここにある。SM初心者から上級者まで、SMコラムやセックステクニック、M女に関する情報を全国のS男性に発信しています。

M女コラム

元AV男優が教える!緊縛のエロイ縛り方

投稿日:2015年12月29日 更新日:

元AV男優が教える!緊縛のエロイ縛り方

SMプレイには欠かせない「緊縛」。 星の数ほど存在する結び方の中から、「これをやれば間違いなし!」「とにかくエロイ!」と豪語する元AV男優の意見をまとめてみました。 どの縛り方をやろうか迷っている方、今後挑戦したいと思っている方、『緊縛のエロイ結び方』を是非参考にしてみて下さい。

M字開脚

元AV男優が教える!緊縛のエロイ縛り方

長時間同じ体勢を維持させる事ができ、じっくりと陰部を陵辱したい場合などにはとても都合のいい縛りです。 鏡を目の前に置いてやり、自分の恥部がどうなっているのか観察させてやるのも工夫としておもしろいですね。

合わせてやりたい調教:剃毛・浣腸・放置・鏡を使って羞恥させる・玩具責め

菱縄縛り(ひしなわしばり)

元AV男優が教える!緊縛のエロイ縛り方

一般の多くの人が、この縛りを「亀甲縛り」と呼びますが、正確には「亀甲縛り」ではありません。 縄が菱形に形成されるのが「菱縄縛り」、六角形に形成されるのが「亀甲縛り」となります。

股縄を通す構造になっている為それなりの効果はありますが、これだけでは拘束力は皆無なので、美しい女体を眺めるだけの「飾り」と捉えてもいいと思います。

詳しい菱縄縛りの縛り方はこちらの記事へ

股縄(またなわ)

元AV男優が教える!緊縛のエロイ縛り方

敏感な部分に縄の縫い目を食い込ませ外を歩かせたり、玩具を固定したりと様々な調教ができます。 しかし衣服の上からではなく、身体に直に当てる場合はその縄が清潔かどうかしっかりと確認する必要があります。

詳しい股縄の縛り方はこちらの記事へ

諸手上げ縛り(もろてあげしばり)

元AV男優が教える!緊縛のエロイ縛り方

両手を頭の後ろで拘束する縛り方です。 女性としては見られて恥ずかしい腋を晒す事になるので、羞恥心を煽ることが可能です。 ただし固定しているとはいえ、腕は完全に固定されず疲れてくるので、長時間の調教には不向きとなります。

合わせてやりたい調教:筆責め

着衣緊縛(ちゃくいきんばく)

元AV男優が教える!緊縛のエロイ縛り方

緊縛の名称ではなく、緊縛のジャンルを示す名称です。 スク水や制服、ナース服など様々な衣服の上から縛る事により羞恥心を掻き立てます。 緊縛を扱うインターネット上のサイトの中には、着衣緊縛のみを取り扱う所もあり、それなりにマニアな方は大勢いるようです。

まとめ

ここまで緊縛のエロい縛り方を紹介しましたがいかがでしたでしょうか。 女体を縄で縛るとなぜこれほど美しいのでしょう。

ネットサーフィンしていたらこんな記事を書かれてるサイト様がありましたので、勝手に紹介させていただきます。
《SM》緊縛(きんばく)調教ってなに?これを読めば分かる・したくなる
他にも非常に参考になる記事が多いので私も時々読んでいますよ。

-M女コラム

執筆者:

関連記事

M女に出会えないダメS男がしてしまっている特徴6選

SM系の出会いサイトに登録したのに一向に出会える気配がない。 その原因はあなた自身にあるのかもしれません。 よくSM初心者が陥りやすいミスをピックアップしてみたので、一つでも当てはまったらそこを改善し …

m女性が思うこんな男性は嫌だ|待ち合わせ編

今までに女性が会ってきて、こんな男性は嫌だなと思うことをまとめました。 会うまでは行くけれど中々進展が無い方は気を付けてみてはいかがですか? 今回は『M女性が経験したこんな男性は嫌だ|待ち合わせ編』を …

愛する愛奴に潮を吹かせるための基本小技テクニック

「責めるポイントは分かっているのになんで潮を吹いてくれないんだ!」 そんな時は小技を使ってみてください、あなたの可愛い愛奴が簡単に潮を吹いてしまいます。 今回の『愛する愛奴に潮を吹かせるための基本小技 …

SM出会系サイトで変態M女を探す方法【S男・M女】

出合系サイトを使ってSMパートナーを探す方法について解説します。 SMをしたいだけであればSMクラブが一番手っ取り早いですが、素人の女の子や好みのタイプの子と出会いたいのならば出合系サイトを利用するの …

知っていますか?M女を探す方法|S男向け

ネット社会の今異性との出会いは比較的簡単です。 ですがSMパートナー探しとなると話は別、出会いの場は限られてきてしまいます。 そこで今回、M女探しに使える方法を紹介します。 目次1 SMクラブを使う2 …

Return to Top ▲Return to Top ▲