M女ペディア

"出会えない"を"出会える"に変えるSMハウツーがここにある。SM初心者から上級者まで、SMコラムやセックステクニック、M女に関する情報を全国のS男性に発信しています。

SM体験談

電車でOLをローター調教をした話

投稿日:

電車でローター調教をした話

新人社員が増え、一層電車の中が賑わう4月頃、SMサイトでメグミ(仮名)と出会った。 アニメのようなボンキュッボンな体型でOLスーツに身を包んだ彼女はとても美しかった。 その美貌をこれから汚すのだ、この世の中ド変態の女はかなり多い。

電車の中でローターで調教する事になった俺は、万が一の為にメグミが失禁してもいいようオムツを履かせた。 そして膣、クリトリス、乳首にローターを設置し、土曜日の夕方5時に電車に乗り込んだ。

周りをキョロキュロと見渡し挙動不審になっているのがハッキリ分かる。 俺はラインで「携帯をわざと落として拾え」と指示を出す。

メグミは携帯を落とした、そして周りの視線がメグミに集まる。

(今だ・!)

乳首のローターを作動させた。 少しビクンッと体が反応したように見えたが、冷静を保っていた。 次は膣のローターを動かした。

メグミは声を出したのか周りから声をかけられているようだった。 最後にクリトリスを作動させると、メグミは股を押さえしゃがみこんでしまった。 ざわざわと周りが騒ぎ出し、口を押さえ体を震わせるメグミ。

降りる駅に到着したので、俺とメグミは降りトイレに入った。 顔は赤く火照り、涙目になっていた。

オムツを見るとメグミは失禁していた。

「電車の中でおもらししちゃったんだね。いけない子だ。」

愛液とおしっこで濡れたま○こは生温かく、とても心地よかった

今でもときどき会って沢山SMプレイをしています。 ちなみにメグミは婚約中の彼氏がいるそうです。

投稿者:29歳男 飲食経営者 ヨシキ(仮名)
彼女:24歳 事務員 メグミ(仮名)

実際に私が出会えているSM出会いサイト

  • SMism

    M女を探すのであればここ!と言ってしまっていいほどM女の割合が高いです。 一般であれば男女比は3:7ほどですが、ここだけに限っては3:7と、なんと男女比が逆転しまっています。 現状男性会員の供給が間に合わず、ご主人を探しているM女が毎日掲示板に募集をかけているのです。 運が良ければ何人ものセフレを作ることも可能な、まさに夢のようなサイトです。

  • SMマッチングコミュニティ

    ワンランク上のSMをしたい、そういった経験者の人に強くおすすめしたい出会い系です。 精神的調教や苦痛、地に堕ちたマゾ達が平日土日問わず24時間書き込みが絶えません。 個人的にもいま一番ハマっている出会い系です。

  • SMMAX

    恐らく日本で最も会員数が多いのではないでしょうか。ソフトプレイが人気の傾向にありますが、ド変態なセフレ探しにもたいへん便利です。 そして一番の特徴はSMの知識が乏しい初心者の多くはこのサイトの利用が多いという点です。 真っ白な画用紙に色がつくと目立つように、知識がない女の子はたいへん調教しやすく、自分色に育てやすいです。 経験が少ないM女を自分好みに一から育てたい人、SM初心者の人におすすめします。

  • -SM体験談

    執筆者:

    関連記事

    ゴーヤで失神するM女

    この子は大人しくて、性に疎くて、とても可愛げがある子だった。 しかし、躾を続けていくごとに体は快楽を覚え、卑猥な言葉を覚え、今では俺の従順なペットだ。 アソコをゆるゆるに開発したせいで、ペニスでは全く …

    no image

    主人以外の男性に中出しされ悦ぶ人妻

    結婚して4年になる人妻のひとみ(仮名)です。結婚前は、不倫するなんて旦那さんに愛されていないんだな、って思ってました。 でもそういうわけではないのですよね。私は主人に愛されているという自覚も、大切にさ …

    最高の奴隷をGET!

    やっとお気に入りの奴隷に出会うことができました。 ぼくが使ったのはこちらのサイトです。 愛媛県在住ぼくですが、使う前は募集してる女性がいるのかなとちょっと不安でした。 でも登録していざ探したら、予想以 …

    42歳人妻の排泄体験談

    わたしは今年で結婚して20年経ちます。 夫とは夜の営みも数えられるほどに減り、仕事に出かけた後は毎日自慰をしてしまうくらいです。 でももともとM気質のあるわたしには自慰だけで到底満足できるものではあり …

    白人女性との初セックスをした結果・・セフレGET!

    映画とかに出てくる美しい白人女性、健康的でグラマラスな体型の褐色美人。 そんな美しい外国人女性と人生に一度はセックスしてみたい! っと願望を持っている人は多いのではないでしょうか。 ぼくもその中の一人 …