『君、膣にバナナ入れたまふことなかれ』

国語の教科書でもおなじみ「みだれ髪」で有名な与謝野晶子。その夫である鉄幹には、妻の晶子の膣にバナナを挿入し、翌朝食べたという逸話があります。
しかし、その話を性学者である小倉三郎氏にしたところ「その程度の事だったら誰でもやっておりますよ」と返されたのだとか。

このように、変態行為だと感じる度合いは人によって様々。それだけに、人の数だけ変態行為のエピソードがあると言ってもいいでしょう。

そうなると世の男性達は一体どのようなエッチな事を女性にしているのか、あるいはした事があるのか、ちょっと気になるところですよね。

今回は“普通じゃないかもと思った女性にしたエッチな事”というテーマで、男性から様々なエピソードを聞いてみましたので、まとめて紹介したいと思います。

自由を奪う支配感が堪らない!“拘束&目隠し”

『僕がした事のある普通じゃないかもと思った女性へのエッチな事は目隠しです。ちょうど、目隠ししながらエッチをすると感度が良くなるといったインターネットでの記事を読んだ直後だったので当時付き合っていた彼女にやってみたくなりました。アイマスクがあればベストだったのですが、なかったのでネクタイで目を覆うようにして結び、いざエッチを。いつもと違って触れるタイミングが分からないせいか、体に触るたびにビクンと体を震わせて声を上げていました。アソコもいつもより濡れていたように思います』

『友人の結婚式の二次会のビンゴ大会で当たったのは手錠に目隠し、ピンクローターといったSMグッズ。それまでこういった類のものを使った事はなかったけれど、好奇心とスケベ心はあった。なので、折角当たったから、という名目で彼女に使ってみる事に。最初は嫌がっていた彼女も試しにまずローターをクリトリスに押し当てると、思いのほか気持ちよかったみたいでその後は素直に手錠も目隠しも受け入れてくれた。彼女もいつも以上に気持ちよがってくれて、それを見た俺も大興奮。それ以来、彼女とのエッチは拘束道具や目隠し、ローターがマストになった』

『女を縛って自由を奪い、無理矢理犯すのが堪らなく興奮する。自分でも変態だと思うけれどやめられない。なかなか理解してくれる女がいないので相手を見つけるのに苦労するが、SMの出会いサイトなどで探すようにしている。乱暴に乳首やクリを抓った時の苦痛に歪んだ表情や、イヤだと身じろぎしながらもマンコはしっかり濡らしている女の仕草に嗜虐的な快感を覚える』

拘束&目隠しは簡単なものなら身近にあるアイテムでも行えるので、女性にやってみた事があるという男性も多いようです。拘束や目隠しをされる事で感度が上がるという女性も少なくないみたいですね。

また、過激なエピソードになると自由を奪って無理矢理犯してしまうという人も。同意がないと問題になりますが、女性の合意さえあればより興奮度の高いエッチになりそうですね。

女性を辱めたくなるのは男の性?“羞恥プレイ”

『セックスの時にエロい言葉を言わせるのが好きですね。“私のヌレヌレオマンコにオチンポください!”とか“私の卑しいスケベマンコが涎を垂らして歓んでます”とか。最初は恥ずかしそうに躊躇いがちな小さい声で言うのですが、“そんな小さい声じゃチンコはやれないな”と言うと、チンコ欲しさに大声で連呼するようになると、女性の羞恥心を打ち壊したみたいで満たされた気分になりますね』

『エッチの最中をスマホで撮影してそれを後で見せるっていうのをやった事があります。アプリで出会ったセフレの女の子だったのですが、撮影中も“やだ、恥ずかしい”“やめて…”なんて言いながらも、乳首を弄ったらアンアン喘ぐし、マンコにチンポを突っ込んだら腰揺らしながらよがるし、めちゃめちゃエロい女でした。終わった後にその動画を見せるとやっぱり恥ずかしくなったみたいで顔を赤くして羞恥心いっぱいの表情を浮かべていました。俺はそんな女の子の顔を見てまた欲情してしまい、結局その後もう一回抱いてやりました』

『俺はよくパイパン股縄渡りという遊びを女にやらせる。どんな遊びかというと、まずは等間隔で結び目を作った縄を部屋の端から端へ渡してピンと張り、綱渡りのような設備を作る。そこへ、陰毛を剃ってパイパンにした女を跨がらせて、縄にマンコを擦りつけるようにしながら歩かせる。イクまで続けさせるので、女は早くイキたくて夢中になって腰を振りながら縄に股を擦りつける。“股に縄を擦りつけてオナニーなんて恥ずかしくないのか?”“恥ずかしいです…”“お前は恥ずかしいと縄を濡らすのか?”“あぁ…もう、そんな事言わないで…”こんなやりとりをしながら女の羞恥心を最高潮まで高めてやるのが楽しい。最後は結び目で作った瘤にクリトリスを擦り付けながらイこうと小刻みに腰を振ってる様がいじらしくて堪らない。イッた後はパイパン股縄渡りグチョグチョになったマンコをチンコで犯してやる』

女性が恥ずかしがる姿に興奮を覚える男性は多いもの。エッチの最中に言葉責めをした経験がある男性は相当数いるのではないでしょうか。
その他にもハメ撮りやパイパンなど、女性を辱める方法はたくさんあるだけに、シチュエーションやバリエーション次第で無限に楽しめそうですね。

とはいえ、股縄渡りというのはなかなか思いつかないだけにとても興味深いものがあります。このプレイで恥ずかしがりつつも、歓びそうな女性を見つけたら実践してみる価値はあるのではないでしょうか。

まさかのゴーヤをマンコへブチ込み!?“異物挿入”

『付き合っている彼女がいる。月に何度か会って買い物や食事へ行き最後はラブホでセックスというのがいつものデートの流れだった。でも付き合って半年ほど経った頃、毎回同じデートの流れでセックスというのはマンネリに感じていたある日。ラブホの自販機で売っていたバイブを使ってみようという事になった。その結果、彼女はいつも以上に快感だったのか、“中、気持ちイイ…!!”と言いながら何度も何度もイッてしまったみたいだった。イッた後の彼女の中はいつもより熱くてヌルヌルで締まりがよくて最高に気持ちよかった。俺としては自分とのセックスよりもバイブの方が気持ちイイのか…とちょっと複雑な気分にはなったものの、バイブイキしてからの彼女の中の方が俺自身も断然気持ちよかったので、それからは毎回バイブでイカせてからセックスするようにしている』

『ゴーヤをマンコの中にぶち込んでやった。俺の遊び相手は出会い系で出会った人妻の女。小学生の子供がいて旦那は単身赴任、月に一度しか帰ってこない、という。なのでいつも、子供が学校へ行っている平日の昼間に人妻の家で会っていた。その日もいつも通り、人妻の家へ行くと、ダイニングテーブルの上に大量のゴーヤが置いてあった。話を聞くとグリーンカーテンとかいうのを作るのに、子供と一緒にゴーヤを育てたら予想以上にたくさんゴーヤが実ったのだそうだ。ふーん、と聞いていたけれど同時に面白い事を思いついた。いつものように適当に世間話を済ませらセックスへとなだれ込む。“今日はコレ入れてみようぜ”俺はダイニングから拝借したゴーヤを差し出した。人妻は一瞬戸惑った顔をしたけれど、この人妻は基本的にエロい事が大好きな女だ。すぐに好奇心の方が勝ったようだった。“あぁん…太い…”“ゴツゴツしてる…”“ブツブツが気持ちイイ…!”ゴーヤをぶち込みピストンしてやったらすぐにエロい声を上げて自ら腰を振りまくり、そのままゴーヤでイッてしまった』

『彼女とのエッチの最中にたまたまベッドサイドに置いてあった小さめのペットボトルを挿入したら出し入れするたびにボトルの溝が入り口に擦れるのが気持ちよかったみたいでペットボトルを使ってのエッチが恒例になりました。でもそのうち、挿入するだけだと物足りなくなって挿入させた状態で腰遣いだけで中に入っているお茶をコップに注がせたり、ボトルの頭の部分を切り取って、箱眼鏡で水中の中を覗くような要領でライトで照らして膣内観察を行うようにもなりました。自分でも変態っぽいなと思うけれどやめられません』

冒頭でも紹介したバナナなどの異物をマンコに入れる異物挿入プレイ。バイブ責めなども含めるとやってみた事がある男性も多いかと思います。
女性からすると、こんなものを挿入されるなんて…といった恥ずかしさや屈辱があるようですね。しかし、中にはそうした羞恥や屈辱を歓ぶ女性も。

それにしてもマンコへゴーヤなんて、与謝野晶子夫妻もビックリではないでしょうか。
ペットボトルを挿入しての膣内観察というのもアイデア賞ですね!

多目的トイレなんて当たり前!“野外露出プレイ”

『最初はラブホを使うお金がもったいないって理由で、多目的トイレや誰も利用しそうにないビルの非常階段の踊り場でエッチをしていたけれど、段々誰かに見つかるかもしれないってスリルに興奮するようになって、野外エッチが当たり前になってしまった。最近では露出スポットになっている夜の公園とか、駐車場の車の影に隠れてとか段々過激になってきてしまった。普段普通に過ごしている中でも、ついついココは野外エッチに使えそうだとか考えてしまう自分もいる』

『女の子に野外放尿や脱糞をさせるのが好きです。女の子が屋外でオシッコやウンチをしている背徳的な姿に興奮を覚えてしまいます。公園や広場などの茂みでさせる事が多いですね。興味を示してくれる女の子を探すのが大変ですが、SNSで変態な事が好きそうな女の子を誘ってみたり、SM系のサイトで募集してみたりしながら探しています』

『女性に露出プレイをさせるのにハマっていた時期があって、ノーパンノーブラや全裸コート姿でデートさせた事があります。特に周りに人がいる状況で、こっそり服やコートをはだけさせておっぱいを露出させるのが好きでした。その他にもリモコンローターを挿入させて、僕の気まぐれでスイッチを入れ、女性の反応を楽しんだりした事もあります。女性も最初こそ抵抗を示しますが、実際にやってみるとドキドキ感が興奮するようで、中にはそのまま野外でセックスを求めてくるような女性もいました』

少し前に多目的トイレでの不倫が世間を騒がせましたが、こっそり行っているカップルはどうやら少なくないようです。それどころか野外で排泄をさせたり、下着を着けさせずに街中を歩かせる男性も。

もしかしたら街中ですれ違う人の中にはノーパンノーブラだったり、コートの下は裸だったりする女性がいるかもしれませんね!

ウンコ穴を犯す背徳感がクセになる!?“アナルプレイ”

『AVでアナルセックスの作品を見て興味があり、彼女にお願いし倒してやってみた。いざやってみると彼女は痛いを連発するし、チンコにウンコは付くしで気まずくなって、彼女ともそのまま別れてしまう事に。でもどうしてもちゃんとしたアナルセックスをやってみたかった僕は風俗へ行ってアナルOKな女の子を指名してもう一度チャレンジ。彼女とした事を女の子に詳しく話してみたら、そんなやり方じゃダメと叱られたので反省。女の子にやり方を丁寧に教えてもらいつつ2回目のアナルセックスは成功。もちろん女の子が慣れているというのもあるけれど、女の子はめちゃめちゃ気持ちよさそうだった。僕はというと、普通のセックスと比べると、やっぱり普通の方が気持ちいいかなというのが正直な感想。でもアナルでセックスしてるっていう変態な感じのせいか、興奮度はアナルの方が上。なので、基本は普通にセックスするけれど、アナルもののAVなんかを見て、アナル熱が高まったら風俗へ行ったり、ネットでアナル好きの女の子をナンパして、アナルセックスをしている』

『アダルト動画で浣腸プレイを見てからずっと興味があったので、S専科の店でM嬢に実践してみました。浣腸器で大量浣腸をした後、プラグで栓をして我慢をさせる。限界まで辛くさせたところで栓を抜いて噴射。我慢している時の辛そうな表情と、噴射した時の汚らしい音に興奮します。可愛い女の子が汚い音を出しながら、浣腸汁を撒き散らしているというシチュエーションがものすごくエロいです』

『元カノにアナルで産卵させた事があります。その日はデートも兼ねて一緒に食事をしていました。ちょっとお酒が入っていたものの、まだ飲み足りないのと、エッチな気分になったので、コンビニで酒とつまみを買ってラブホへ行こうという話になりました。ラブホに着いて酒を飲みながらイチャイチャしつつ、何となくテレビをつけたらちょうどアナルプレイのAVチャンネルが流れたのです。アナルには特に興味はなかったのですが、酔っていたのとエッチな気分だけど酒のせいかチンコは半立ちにしかならなかったので、ちょっとAVの真似をしてみようという事になり、つまみとして購入していたうずらの燻製卵を元カノのアナルに入れてみました。ツルンと入っていくのが面白かったのと、元カノがちょっと気持ちいいかもと言ったので、楽しくなって結局一袋挿入してしまいました。でもしばらくすると、違和感があったのか出したいというので、目の前で出させる事に。ポコン。1つ卵が産まれると、立て続けに2個3個と産み落とされました。出す時も気持ちよかったのか、産み落とすたびに喘ぐ元カノ。その様に段々自分も興奮してきて半立ちだったチンコは復活。そのまま普通にエッチしました。今でも特別アナルに興味はないけれど、アナルで産卵プレイは機会があればまたやってみたいプレイでもあります』

アナルプレイはAVの中でも人気のコンテンツ。それだけにアナルへの好奇心を女性に試してみたという男性はたくさんいるようです。

アナルセックスや浣腸だけでなく中には産卵プレイをさせた男性もいるくらいなので、工夫次第で色々なアナルプレイが楽しめそうですね。

まだまだある!その他の変態エピソード

『先生と呼ばれる仕事をしていますが、恥ずかしながら女子生徒に思わずムラムラしてしまう事もあります。けれど当然実際に生徒へ手は出せないので、マッチングサイトなどで出会った女性にセーラー服やブレザー、スク水、体操着などを着せてフェラをさせたりエッチをしたりします。疑似的ではありますが、生徒と性的関係を持ってしまったという背徳感により気分が高まるので、普通にエッチするよりも欲情してしまいます』

『3日間洗ってないチンコをフェラチオさせた。直前にオシッコをするのにトイレへ行ったのだが、その時に皮をめくったらチンカスがたくさんこびりついていて、同時にむわっとした臭いが立ち上って自分でも臭いと思っただけに、しゃぶらせた女はもっと悲惨だったと思う。でも、顔をしかめながらフェラチオをする女の顔がエロくて興奮して、思わず頭を押さえつけて無理矢理口の奥まで突っ込んでやった。そしたら女が涙目になってえずくから、余計に興奮して、何度も奥まで突っ込んでそのまま射精してやった』

『何年か前に某アイドルが坊主にして謝罪する動画が話題になった事あったじゃないですか。あの時、何故かものすごく興奮して坊主にさせてくれる女性を探した事があります。どうにか一人見つかって、バリカンで坊主にしてやりました。それまで普通の可愛いらしい女性だったのに、ものの数分で無残な坊主頭に…この時点で僕のチンポはフル勃起です。その後とりあえずフェラチオをしてもらったのですが、その間坊主の頭を撫でながらある欲求が頭をもたげました。一度思い浮かんだらもう、やりたくて仕方がなくなってお願いしました。“ねぇ、頭にチンコ擦りつけていい?”フェラチオもそこそこに、僕は坊主頭にチンコを擦りつけます。ザリザリとした感触が裏筋に擦れるのがメチャメチャ気持ちイイ!!坊主頭への興奮度も相まって、僕は夢中で頭にチンコを擦りつけながらなんと、そのまま射精してしまったのです。女性を坊主にした挙げ句、頭にチンコを擦りつけて射精。自分の中にこんな変わった性癖があるなんて思いもしなかっただけに、自分自身が一番驚いています。その後も、坊主にしてもいい女性を定期的に探していますが見つからず、ちょっと寂しい日々を送っています。ショートカットやベリーショートの女性でもイケるかなと思ったけれど、それはやっぱり違いました。また、坊主なら男はどうだろうか、と一瞬頭に過ぎりましたが当然ムリ。やっぱり女性の坊主頭でなければダメなんです。エッチかどうかは分からないけれど、これが僕の人生の中で最も変態だと思った行為です』

その他の変態エピソードとしてはコスプレや即尺、さらにはなんと女性を坊主にさせる人まで!
ここまでくればもう何でもアリといった感じですね!

まとめ:男性の数だけ変態エピソードがある!

世の男性に聞いた、普通じゃないかもと思った女性への変態エピソードを紹介しました。
この程度なら自分もした事があると思ったものや、全く理解できないと思ったものまで様々なエピソードがあったのではないでしょうか。
このように、変態エピソードは男性の数だけあると言っても過言ではありません。

今回のエピソードを読んで、自分の中の新たな性癖に気付いたしまった、自分もやってみたいと思われた方は、理解してくれる女性を見つけて実践してみてはいかがでしょうか!