まさかのゴーヤをマンコへブチ込み!?“異物挿入”

『付き合っている彼女がいる。月に何度か会って買い物や食事へ行き最後はラブホでセックスというのがいつものデートの流れだった。でも付き合って半年ほど経った頃、毎回同じデートの流れでセックスというのはマンネリに感じていたある日。ラブホの自販機で売っていたバイブを使ってみようという事になった。その結果、彼女はいつも以上に快感だったのか、“中、気持ちイイ…!!”と言いながら何度も何度もイッてしまったみたいだった。イッた後の彼女の中はいつもより熱くてヌルヌルで締まりがよくて最高に気持ちよかった。俺としては自分とのセックスよりもバイブの方が気持ちイイのか…とちょっと複雑な気分にはなったものの、バイブイキしてからの彼女の中の方が俺自身も断然気持ちよかったので、それからは毎回バイブでイカせてからセックスするようにしている』

『ゴーヤをマンコの中にぶち込んでやった。俺の遊び相手は出会い系で出会った人妻の女。小学生の子供がいて旦那は単身赴任、月に一度しか帰ってこない、という。なのでいつも、子供が学校へ行っている平日の昼間に人妻の家で会っていた。その日もいつも通り、人妻の家へ行くと、ダイニングテーブルの上に大量のゴーヤが置いてあった。話を聞くとグリーンカーテンとかいうのを作るのに、子供と一緒にゴーヤを育てたら予想以上にたくさんゴーヤが実ったのだそうだ。ふーん、と聞いていたけれど同時に面白い事を思いついた。いつものように適当に世間話を済ませらセックスへとなだれ込む。“今日はコレ入れてみようぜ”俺はダイニングから拝借したゴーヤを差し出した。人妻は一瞬戸惑った顔をしたけれど、この人妻は基本的にエロい事が大好きな女だ。すぐに好奇心の方が勝ったようだった。“あぁん…太い…”“ゴツゴツしてる…”“ブツブツが気持ちイイ…!”ゴーヤをぶち込みピストンしてやったらすぐにエロい声を上げて自ら腰を振りまくり、そのままゴーヤでイッてしまった』

『彼女とのエッチの最中にたまたまベッドサイドに置いてあった小さめのペットボトルを挿入したら出し入れするたびにボトルの溝が入り口に擦れるのが気持ちよかったみたいでペットボトルを使ってのエッチが恒例になりました。でもそのうち、挿入するだけだと物足りなくなって挿入させた状態で腰遣いだけで中に入っているお茶をコップに注がせたり、ボトルの頭の部分を切り取って、箱眼鏡で水中の中を覗くような要領でライトで照らして膣内観察を行うようにもなりました。自分でも変態っぽいなと思うけれどやめられません』

冒頭でも紹介したバナナなどの異物をマンコに入れる異物挿入プレイ。バイブ責めなども含めるとやってみた事がある男性も多いかと思います。
女性からすると、こんなものを挿入されるなんて…といった恥ずかしさや屈辱があるようですね。しかし、中にはそうした羞恥や屈辱を歓ぶ女性も。

それにしてもマンコへゴーヤなんて、与謝野晶子夫妻もビックリではないでしょうか。
ペットボトルを挿入しての膣内観察というのもアイデア賞ですね!

多目的トイレなんて当たり前!“野外露出プレイ”

『最初はラブホを使うお金がもったいないって理由で、多目的トイレや誰も利用しそうにないビルの非常階段の踊り場でエッチをしていたけれど、段々誰かに見つかるかもしれないってスリルに興奮するようになって、野外エッチが当たり前になってしまった。最近では露出スポットになっている夜の公園とか、駐車場の車の影に隠れてとか段々過激になってきてしまった。普段普通に過ごしている中でも、ついついココは野外エッチに使えそうだとか考えてしまう自分もいる』

『女の子に野外放尿や脱糞をさせるのが好きです。女の子が屋外でオシッコやウンチをしている背徳的な姿に興奮を覚えてしまいます。公園や広場などの茂みでさせる事が多いですね。興味を示してくれる女の子を探すのが大変ですが、SNSで変態な事が好きそうな女の子を誘ってみたり、SM系のサイトで募集してみたりしながら探しています』

『女性に露出プレイをさせるのにハマっていた時期があって、ノーパンノーブラや全裸コート姿でデートさせた事があります。特に周りに人がいる状況で、こっそり服やコートをはだけさせておっぱいを露出させるのが好きでした。その他にもリモコンローターを挿入させて、僕の気まぐれでスイッチを入れ、女性の反応を楽しんだりした事もあります。女性も最初こそ抵抗を示しますが、実際にやってみるとドキドキ感が興奮するようで、中にはそのまま野外でセックスを求めてくるような女性もいました』

少し前に多目的トイレでの不倫が世間を騒がせましたが、こっそり行っているカップルはどうやら少なくないようです。それどころか野外で排泄をさせたり、下着を着けさせずに街中を歩かせる男性も。

もしかしたら街中ですれ違う人の中にはノーパンノーブラだったり、コートの下は裸だったりする女性がいるかもしれませんね!

次のページへ

前のページへ