時間をかけて性感マッサージを行う

早く潮吹きさせたい!という思いから、前戯は手早く済ませて早々にマンコへ指を挿入するという男性も少なくないかもしれません。

でも潮を吹かせたいならそれはNG。まずは時間をかけてマンコの中以外の性感帯を念入りにマッサージするところから始めましょう。

最初はおっぱいから丁寧にマッサージをしていきます。潮吹きするのに胸の愛撫なんて関係あるの?と思われるかもしれませんが実は大アリ。
というのも、女性はおっぱいを愛撫される事でオキシトシンというホルモンが分泌されやすくなります。このホルモンは別名「恋愛ホルモン」や「愛情ホルモン」とも呼ばれ、精神的な面ではリラックス効果や愛情を深める効果があります。
また、肉体的な面では子宮を収縮させる作用があり、女性の性欲が高まった時に「子宮がキュンキュンする」という感覚はこのオキシトシンの影響だとも言われています。

つまりおっぱいを念入りにマッサージする事で、女性をリラックスさせると同時に性欲を高め、潮吹きさせやすい状態に近づける事ができるのです。

そんなおっぱいの効果的なマッサージの方法は以下の通り。

・優しく乳房を揉む
・舌や指で乳首を愛撫する
・時折舌先や指先で乳輪をなぞる
・両胸同等にマッサージをする

まずは乳房を下から持ち上げつつ優しく揉みます。それと同時に舌や指で乳首を愛撫しましょう。指で愛撫する方は唾液やローションを塗って滑りをよくするとより快感を与える事が出来ます。
舌先で舐め転がしたり、高速で左右に舌を動かしたり、吸い付いたり。同様に指で摘まんで捏ね回したり、爪先で乳首の先端を軽く引っ掻いたりと、愛撫は様々なバリエーションで行うといいでしょう。
乳首だけでなく時折舌先や指先で乳輪をなぞるように愛撫するとアクセントが利いて効果的。

おっぱいマッサージはどちらかに偏らず、舌で舐める方と指で弄る方を途中で交代するなどして両方満遍なく行えるといいでしょう。

おっぱいのマッサージは最低でも15分程かけてじっくり行うのがベスト。終わる頃には早く下も愛撫されたいと腰を揺らし、ヌレヌレにしながら期待しているはずです。

おっぱいマッサージが終わったら続いては下半身の愛撫に移ります。早速指やチンコを入れてしまいたくなりがちですが我慢して、マンコ周りも舌や指で愛撫しましょう。

そんな下半身マッサージのコツは以下の通り。

・焦らずゆっくり舐める
・舌の動きに変化を付ける
・全体的に万遍なく行う
・鼠蹊部は指で優しく圧をかけて行う
・オマンコの中は弄らない

目の前にはヌレヌレのマンコがある、と思うとついつい興奮が先立ってガツガツとした愛撫になりがち。けれど女性からするとせわしなく感じて気が削がれてしまいます。興奮は少し抑えて焦らずゆっくり舐めるようにしましょう。
また、おっぱいマッサージ同様、舌の動きには変化を付け全体的に満遍なく愛撫しましょう。
下半身の愛撫ではマンコ周りは舌で行います。指では鼠蹊部のマッサージを行いましょう。ほんの少しだけ圧をかけながら優しく足の付け根辺りを撫でていくイメージです。ローションを塗って滑りを良くしてもいいですね。
そしてこの段階ではまだオマンコの中は弄らない事。女性も焦れてくると思いますが、焦らしに焦らす事で性感が高まり潮吹きしやすくなります。

この下半身マッサージも最低15分は続けるといいでしょう。
潮吹きまでに最低でも計30分の前戯兼性感マッサージを行う計算ですね。
もし、下半身マッサージの最中に胸の愛撫が留守になるのが気になる場合は、女性に自分で弄らせてもいいでしょう。

ローションで潤滑を補う

気持ちがいいと自然と濡れてくるものですが、潮吹きまでに時間がかかると段々濡れにくくなってくる事も。一度濡れにくい状態になってしまうと、指の動きが不快になってさらに濡れにくくなり、最終的には性的興奮も萎えてしまうという悪循環に陥ってしまう事も。

そうならないためにも愛液による自然なものだけでなく、ローションでも潤滑を補うようにしましょう。
ホットローションなど、ローションの種類によっては性感を高める効果があるものもあるので、積極的に取り入れても良さそうですね。

Gスポットを重点的に刺激する

女性に潮を吹かせてイカせるとなるとどうすべきかと考えた時、真っ先に思いつくのはAVのように指を挿入して激しくピストンを繰り返す手マンを思い浮かべる人は多いですよね。

でも実はこの方法は逆効果。多くの女性に言わせると全然気持ちよくないのだそうです。むしろあまり長時間続けると痛みが伴って性的興奮すら消え失せてしまうのだとか。

多くのAVはどうしても男性に興奮してもらう事を目的として作られているため、リアリティーは二の次。
AVの世界を実践に持ち込むと、決して良い結果にはなりません。

ではどうすればいいか、というとGスポットを重点的に刺激するのがオススメ。
潮吹きをもたらすスキーン腺はGスポットと呼ばれる辺りに存在するので、むやみに指をピストンさせるよりもその箇所を集中的に責めましょう。

具体的には指を根元まで挿入して第二関節をお腹側に曲げた辺りにGスポットがあるので、そこを指の腹で少し圧をかけて撫で回したり、指を小刻みに動かして振動を与えるようにしましょう。
Gスポットの場所は個人差があるので、気持ちいい箇所を女性に聞いてみたり反応を見たりながら探るのが確実です。
ピストンはGスポット刺激が単調になりがちになったら合間にアクセントとして取り入れましょう。あくまで主役はGスポットへの刺激です。

ちなみにこのGスポット刺激を行う時、開いている方の手のひらで女性の下腹部へ優しく圧をかけて行うとよりGスポットへ刺激が伝わりやすく、なおかつ膀胱も圧迫されるので、さらに潮吹きしやすくなります。

また一つ注意したいのが、爪の手入れ。爪が伸びている状態でマンコの中を弄ると傷が付きやすく、女性は痛みや不快感が伴います。そうなると潮吹きにはほど遠くなってしまうので爪は短く切りそろえ、余裕があるようならやすりで磨いて滑らかにしておきましょう。

玩具を使う

女性を潮吹きさせるとなると長時間Gスポットを刺激し続けなければならない事もあります。
特に潮吹き経験のない女性がすぐに潮吹きする事は難しく、何十分単位で続けなければならない場合も。
そうなると手も疲れてくるし、男性自身も飽きたり冷めたりして性欲が萎えてしまいますよね。

そこでなかなか潮吹きしない場合はローターなどの玩具を使うという方法もあります。
できれば手で潮を吹かせたいという気持ちも分かりますが、玩具であれば休みなくGスポット責めが可能。効率よく潮吹きさせる事ができます。

女性は一度潮吹き経験をすればコツを掴んで簡単に潮を吹けるようになります。
それだけに、潮吹き経験のない女性には一度玩具で潮吹きをさせておいて、二回目以降は自分の手で潮を吹かせる、という選択肢もアリだと思います。

その際はGスポット責めに特化した玩具を選ぶといいでしょう。

潮吹きテクニックを駆使して男のロマンを実現させよう!

是非試してほしい潮吹きテクニックを紹介させていただきました!

潮吹きテクニックを身につけると、男のロマンを実現させられるだけでなく、貴方の性技に女性も虜になる事間違いナシ!
うまくいけば“貴方のテクニックなしでは生きていけない、何でもするから傍に置いて…!”と、言いなり奴隷にさせる事ができるかもしれません。

今回紹介したものの中で、目からウロコなテクニック、気になるテクニックがあれば是非早速試してみてくださいね!

M女のパートナー検索にオススメ



検索してみる

【次の記事】⇒愛する愛奴に潮を吹かせるための基本小技テクニック