見た目のいい、エロさを感じる縛り方7選!

皆さんは緊縛プレイに興味はありませんか?

AVなどでよく見る縄でぐるぐる縛られている女性の姿ってエロいですよね!
動けない女性が手も足も出せずに凌辱されていく姿ってたまりません。

そんな緊縛プレイ、実際にやってみたことのある人ってそこまで多くないはずです。
AVのような縛り方はさすがにプロの仕事なので素人には真似できません。
緊縛のやり方というのは色々な種類があり、中には初心者でも挑戦できる縛り方というのもあります。

この記事では初心者でもできそうなものから上級者向けまで緊縛のスタイルを色々紹介してみたいと思います!

緊縛ってどんな縄を使うの?

まず初心者の方が疑問に思うのはこれではないでしょうか。
「やってみたい!」と思ってもどんな縄でやればいいのか困りますよね。
SMプレイで使われる縄は主に以下の種類です。

・麻縄
・綿のロープ
・シリコンやゴムのような伸縮性素材のロープ

麻縄はAVやエロ画像などでもよく見かけるいちばんよく使われるタイプのロープ。
食い込み度、見た目の良さなどSMっぽさは抜群です。

綿のロープは綿素材の柔らかいロープで伸縮性も麻縄よりあり柔らかいので使いやすいロープ。
麻縄よりも身体への食い込みもソフトですがその分見た目のSM感は多少劣ってしまいます。

ゴムやシリコンのロープはそれよりさらに伸縮性があり使いやすいロープ。
見た目のSM感は麻縄や綿ロープよりもかなり劣りますが使いやすさはいちばんです。

基本的な縄の使い方

縄があれば次は使い方の基本です。
縄は基本的に半分に折って二本で縛るような形で使います。
折らずに一本で縛ることもできますが縛った時の安定感に欠け、縄が細くて身体に食い込みやすくもなるのであまりおすすめはできません。
痛みを感じてしまうといくらM女といってもプレイが辛くなってしまうし、縄の痕も残りやすくなってしまいます。
プレイをする際には縄は縛る前に二つに折って、バラけないように端っこを結んでから使うようにしましょう。

基本は手首と足首の縛り

まずは基本的な縛りである手首と足首。
初心者の方はまずここから始めてみましょう。
基本ではありますが手足を縛るだけでもかなり変態的なプレイをしている感が出て結構興奮しますよ!
手首や足首の縛り方は簡単なので縛り方も紹介しておきます。

手首・足首の縛り方

①手を前または後ろに出します
②手首を揃えて縄を2~3周ほど巻き付けます
③巻いた縄をギュッと縛り、次にその縄を巻いてある縄の内側にもう一度通します。
④ガッチリ拘束したい場合は手首の間を縦に通すようにしてさらに縄を巻きます。

【エロい緊縛①】後手縛り

基本的な緊縛のスタイルがこの後手縛りです。
両手を後ろで組んでまるで「捕らわている」かのようなスタイル。
エロ画像やAVなどでもいちばんよく見かける縛られ方ではないでしょうか。
基本的な形でありながら十分にエロいですね。
緊縛プレイはマニアックな縛り方が多数ありますが全てはこの後手縛りの発展形と言っても過言ではありません。

ガッチリ固められた後ろ姿、縄の間からはみ出たおっぱいが非常にそそります。
そして両手を固められたこの状態でさせるフェラのエロさは特筆もの。
身体のバランスにさえ気を付ければ他の体位も楽しむことができたりなど意外に自由度も高いのが後手縛りの魅力です。
やってみる場合はどの緊縛プレイにも言えますが、そこそこ負担のかかる体勢なので最初は長時間行わないようにしましょう!

【エロい緊縛②】股縄

股縄とは緊縛プレイでよく行われる縛り方の一つのようなもので股縄だけで行われることは基本的にありません。
股縄という名前の通りオマンコの割れ目に食い込むように縄を通します。
特に何もしなくても縄の当たる場所が性器なのでそれだけで感じてしまいます。
この状態でバイブやローターなどを固定したり、より食い込むように動かせたり、上に引っ張り上げたりなど股縄ならではのプレイ方法も様々。
縛り方としては簡単は簡単ですが、あまり強く締めすぎると痛くなってしまうので苦しみと快感の丁度いいバランスが要求される縛り方です。
また、服や下着の上からではなく性器に直接当てる場合にはちゃんと綺麗な縄を使うようにしましょう。

次のページへ