「あぁっ…!もっとイジメてぇ…!!」

両足を押っ広げ、パイパンマンコを晒す女。そのワレメからはトロトロと中出しザーメンを垂れ流し、被虐に歓ぶ。

俺がナンパしたのは清楚で大人しそうな雰囲気の女だったのにこんな本性を隠し持っていたなんて。
嬉しいよりも興奮よりも戸惑いの方が大きかった。けれど確かに俺の中で新たな嗜好の扉が開く音がした。

俺は普通の恋愛は向いていないように思う。彼女を作っても数ヶ月もすれば飽きてしまうし、相手に合わせて自分の時間を犠牲にしたり価値観について話し合ったりするのも面倒だ。そして何より色んな女と後腐れなく寝たい。

だから俺は特定の彼女を作るよりもナンパして引っかけた女と適当に遊んでいる方が性に合っていた。
下らないデートに付き合う必要もないし、ヤリたい時だけ会えばいい。飽きたら疎遠にするだけ、面倒な別れ話なんて不要だ。

ナンパ方法は様々。街中で好みの女がいればとりあえずダメ元で声をかけてみるし、確実に引っかけたいならクラブやイベント。他にもバーや居酒屋で声を掛ける事もあるし、時にはアプリを使う事もある。

ナンパを長く続けていると自然と落ちそうな女が分かってくる。そういう女を狙うと大抵は上手くいく。
また、俺は第一印象で良く見られる事を重視しているので、チャラい系というよりどっちかというと真面目で爽やか系の雰囲気を出せるように意識している。そのおかげかここ最近の成功率は8割9割だ。

そして今回知り合った女は街中で声をかけた相手だった。
黒髪に大きな目が印象的で芸能人で言うと広瀬すずみたいな雰囲気。
好みのタイプだったし、当てもなく一人でぶらついているような雰囲気に直感的に上手くいきそうな気がして声をかけてみた。

直感は当たった。お茶に誘うと少し躊躇いを見せるも拒否される事はなかった。
近くにあったカフェへ入る。
話してみて分かった事といえば名前はエミ。20歳の大学生でこの日は暇だから一人ウィンドウショッピングをしていたらしい。
おっとりした口調に自分からはあまり言葉を発しない、けれどはにかむように笑う仕草が可愛い大人しそうな性格。これが彼女の印象だった。
直感的に声をかけたとはいえ、こういう子がこれほど簡単にナンパについて来るのは珍しい。それだけに、世間知らずのお嬢様なのか、男性慣れしていない恋愛経験の乏しい女なのだろうとこの時は思っていた。

話は彼女の人となりから趣味の話へ移る。正直女の趣味の話なんて興味がないけれど、距離を縮めるのには不可欠な要素だ。
彼女の趣味はカラオケだと言う。俺はラッキーだと思った。この後二人きりになれるカラオケボックスに誘いやすいからだ。
俺は特別カラオケ好きではないけれど話を合わせてカラオケ店へと誘った。よっぽどカラオケが好きなのか彼女はすぐにOKしてくれた。

カフェを出ると俺は冗談めかして手を差し出した。あらたまって“手を繋ぎたい”と打診するより、こうした方が抵抗なく繋いでくれる可能性が高い。
そして何よりこの時点で手を繋いでおけばカラオケボックスに入っても自然な流れで手が繋げるし、そのままエロい事がしやすくなるというメリットがある。ナンパに慣れた男がよく使う手だ。

照れながら差し出した手を取る彼女に俺はカラオケセックスの成功を確信した。

カラオケボックスに入りドリンクが揃うと、彼女が歌い始める。好きというだけあって上手だった。でも俺にとってそんな事はどうでもよくて、デンモクをいじるフリをしながら彼女と距離を詰めた。
最初は手を握って、体を近づけて反応を見る。特に嫌がる素振りは見えなかった。
彼女が歌い終わると俺もカラオケに誘った手前、一曲だけ歌う。その間に彼女の腰へと手を回す。俺を見る彼女の表情に嫌悪感はない、この先も続けていい事を意味していた。

腰に回した手をそのまま胸の方へ移動させ、服の上から弄ってみる。彼女は少し身じろぎしただけで抵抗する事はなかった。
歌い終えると本格的に脱がせにかかる。ブラウスのボタンを外し、ブラジャーの中へ手を差し入れ、親指の先で乳首を弄りながら胸を揉みしだいた。

「やぁ…っ」

彼女は小さく喘ぐ。スピーカーからは彼女が選曲した曲が流れているけれど、彼女ももう歌う気はなくなったようだ。

キスをして上半身を愛撫しているうちにズボンの中ではチンポが窮屈そうに張り詰める。

「ここでしていいよね…?」

スカートに手を滑り込ませ、パンツを脱がせようとした時だった。
彼女が激しく首を横に振った。ここまで一切拒否する素振りを見せなかったのにここに来て初めての拒否反応。ここまでしておいてそれはないだろ、と苛立ちが募る。
けれど彼女の口から意外な言葉が飛び出した。

「ここじゃなくてホテルの方がいい…」

行為自体を拒否されたわけではない事は分かったけれど、今すぐしたい俺としてはまた移動するのも面倒だし、ここでさっさと挿入してスッキリしたかった。

「なんで…?店の人にバレるのが嫌…?それなら分からないようにするから…」
「そうじゃなくて…」

何とか説得しようと試みたが彼女は折れなかった。そして彼女は驚くべき告白を始めた。

「…SMみたいな事されたいから…」
「ここじゃ出来ないよね…?」
「だから…ホテルがいいなって…」

想定外の告白をされた俺は戸惑った。
まずSMなんてした事がない。知識としては何となく知っているけれど、興味がなかったし今までそれを求めてくる女もいなかった。
それだけに俺がSMなんて出来るだろうか?何か面倒そうだしこのまま放流する?いやいや、容姿は結構好みだし、チンポはやる気満々だ。さすがに放流はもったいない。セックスを拒否されているわけじゃないんだから、彼女の期待に応えてみてもいいんじゃないか。

と考えを一巡させたところで俺は彼女の希望通りホテルへ移動する事にした。

逸る気持ちを抑え一番近くのホテルへ向かう。その間、俺の知っているSMの知識を総動員し頭の中でシミュレーションをした。

ホテルに着くと早速俺はシュミレートした内容を実行に移す。

「ほら、散々焦らしたんだから早く舐めろよ」

俺はズボンと下着を下ろすと仁王立ちになった。ホテルへの道中で萎えてしまっただけに早くその気にさせてほしい。俺はSMっぽく命令口調で促した。
彼女は嬉しそうにはにかみながら“はい”と答え床に膝立ちとなり美味しそうに頬張った。

彼女の舌遣いは絶妙だった。特に歯を立てずに吸い付き、舌で先端をチロチロ舐められるのが堪らない。時折上目遣いでこちらを見上げるのも最高にエロかった。

彼女のフェラで俺のチンポはすぐに復活する。今度はAVで見た事を試してみようと思った。彼女の頭を掴み喉奥を突くように激しく腰を動かす。イラマチオだ。

「んぐっ…んぐっ…」

途端に彼女の顔が苦痛に歪む。

「ほら、美味しいか?」
「んんっ…んんっ…」

彼女は目に涙を浮かべながら頷く。苦しそうなのに嫌がる様子はなくて、ここで俺は彼女のM性を垣間見た。

ただ、イラマチオはあまり気持ちいいものじゃない。無理矢理突っ込むんだから舌遣いだって疎かになるし、チンポそのものの快感は半減する。これはあくまで女が苦悶する表情を楽しむものだと思った。

適当なところで切り上げると、次はベッドへ誘導して押し倒してやった。
SMっぽい事と言えばやっぱり縛りだろう。とはいえ、SMのように縄など持っているはずもない俺は、ズボンのベルトで彼女の手を頭の上で拘束した。

けれど問題はここからだ。他にSMっぽい事と言えば何があるだろう?ベッドの上で手際が悪くなるのも格好悪い。そこで彼女に問いかけた。

「お前はどうしてほしいんだ?自分の言葉でお願いしてみろよ」

自ら懇願させるという方法で雰囲気を壊さないように努めた。我ながらナイスなアイデアだったと思う。

「無茶苦茶にしてください…乱暴に…いっぱい犯して…?」

潤んだ瞳で頬を紅潮させながら懇願する彼女。俺はにんまりした。愛のないセックスは得意分野だ。

ブラウスの前ボタンとブラホックを外し乳房を露わにさせた。俺は荒々しく揉み回し、乳首に吸い付く。時折歯を立てて噛んでやると、呻きながら喘ぐからよっぽど痛くされるのが好きなんだろうか。

ひとしきり乳房を堪能するとチンポは完全復活を果たした。そろそろ入れたい、そう思った俺は彼女のスカートとパンツを一気にずり下ろす。そこはまさかのパイパン。ワレメからはねっとりとした淫汁が溢れていて本物の淫乱変態なのだと確信した。
彼女の希望は乱暴に犯される事。面倒な愛撫など一切なしでそのまま足を持ち上げ突き入れてやる。淫汁のおかげですんなりと入った。

俺は欲望のままに腰を振る。相手が気持ちいいかどうかなんて関係ない。

「ほら、ちゃんと締め付けろよ」

と命令すると中がキューッと締まる。
手首は縛られ、服ははだけ、完全にレイプのシチュエーションなのに、彼女は愉悦の表情を浮かべてチンポを受け入れる。乱暴に奥まで突き上げれば中はグチョグチョに潤んでくるのだから、これで感じているんだろう。
レイプで興奮する性癖なんてなかったけれど自分の中で妙な高揚感がわき起こるのを感じた。
そして同時に射精感もこみ上げてくる。

「あー、もうイクぞ。どこに出してほしいか言えよ」
「中に出して…」
「中ってどこだ?」
「オマンコに…私の卑しいオマンコの中に出してください…」

見た目だけは清楚なのにその顔から卑猥な言葉が出てくるのに興奮した。俺は希望通り、そのまま中へ出してやった。

縛られたまま体をぐったりとベッドに預ける彼女。足は広げっぱなしでパイパンのマンコが丸見えだった。目に留まったのはぷっくりと膨らみ充血したクリトリス。
基本、セックスが終わった後は何もする気がなくなる俺だがこの日は違った。もう少し彼女を虐めてみたくなったのだ。
クリトリスを摘まむと力を入れてひねってやる。

「あぁっ…んっ…!!」

力なくベッドに沈んでいた体が一気に跳ね上がる。

「気持ちいいのか?」
「はぁ…んぅん…」

目に涙が滲み、泣きそうな顔で頷く彼女。
その表情を見てますます虐めてやりたくなった俺はさらにグリグリとクリトリスを抓りながら捏ね回す。

「はぁ…やぁ…イイ…イイよぉ…」

腰を上下に振り乱しながら歓ぶ姿がいやらしい。このまま続けたらイッてしまいそうな雰囲気だったけれど、簡単にイカせるのもつまらないと思った俺はクリ責めをしていた指の動きを止める。

「あぁ…」

やっぱりイキそうだったのだろう、物欲しそうに腰を揺らしながら切なそうな表情で俺を見つめる。

「どうしてほしいんだ?」

そして彼女は言った。

「あぁっ…!もっとイジメてぇ…!!」

誘うように足を全開し、パイパンマンコを晒す。ワレメからはさっきの中出しザーメンがトロトロと垂れ流れていて。
俺がナンパした清楚でおとなしそうな雰囲気の女はもういなかった。ここにいるのは虐められて歓ぶ淫乱変態M女。

こうなったらとことん虐めてやろう、そんな気持ちになった。俺の中に眠っていた嗜虐嗜好が芽生えた瞬間かもしれない。

今度はクリトリスを指先で思いっきり弾いてやる。

「あぅ…っ!!」

痛みに喘ぐのも気にせず、何度も弾いてやると彼女の体が小刻みに震え始めるのが分かる。

「あぁ…いっ…もうやぁ…イク…イッちゃう…」

彼女の腰が浮くと激しく揺れ、そして――

「あぁ…イク!イク!イクゥゥゥ!」

彼女は激しくイキ狂ってしまった。そして再びベッドへ身を沈める。

俺もイッたし彼女もイッた。これでお開き。いつもならそうなる事がほとんどだけど、この日は違った。もう一度犯してやりたい、そんな気持ちが頭をもたげ、同時にチンポも頭をもたげ始めたのだ。

「ほら、もう一回舐めろよ」

力なく横たわる彼女を起こし、半ば無理矢理フェラチオをさせてやる。よっぽどチンポが好きなのか、夢中になって舐め始めた。
ある程度勃起したところで今度はうつ伏せに寝かせると、膝だけを立たせてやる。

二回目があると分かると、いやらしく誘うように尻を振る彼女。本当に淫乱な女だと思った。

俺は両手で彼女の腰を掴むとバックから突き入れた。

「あぁっ…!」

一度イッたせいか、一回目よりも中が熱くてトロトロだった。正直メチャクチャ気持ちイイ。

夢中で突き入れてやると、喘ぎ声と共に尻が揺れるから思わず叩きたくなった。

パチン!

「あぁんっ…!」

背中を仰け反らせ甲高い声で喘ぐと中がキュッと締まる。それがさらに快感で何度も尻を叩いてやった。

「あぁ…それイイ…もっと叩いて…」

彼女も快感のようだ。既に尻が赤く染まるくらい叩いているのにまだ欲しがる。

「尻を叩かれて歓ぶなんてどうしようもない変態だな」
「はい…私はお尻を叩かれて感じちゃう変態マゾです…」

俺はさらに強く尻を叩いてやった。そのたびに中が締まって、エロい声で喘いで…二回目の射精感が迫ってくる。

「あー、イク…俺、イクわ…」
「イッて…中に出して…!!」

求められるまま、俺はその中に二度目を迸らせた。

「ミキちゃんがこんなにエロい女とは思わなかった」

事が終わりシャワーを浴びて帰り支度を始める。
正直な感想を告げたら、彼女は恥ずかしそうにはにかむ。やっぱりその顔は清楚で無垢な雰囲気が漂っていて、さっきまで虐められて歓んでいた淫乱変態M女とは思えなかった。

「また会えるかな?」

自分でも驚く言葉が口をついた。今までナンパした女にこんな事を言った事はない。体の相性がよくて何度か関係を続けた女はいたけれど、たまたま互いに体が空いていて利害が合致しただけであり、何度も会いたいと思える相手だったかというとちょっと違う。
でも彼女とはその後も会いたいと思ってしまったのだ。

そんな感情になった自分に驚いたけれど、彼女の返答に俺はさらに驚く事になる。

「…次はもっとハードにイジメてほしいな…?」

俺なりに激しくイジメたつもりだったけれど、彼女にとってはまだ物足りなかったようだ。俺は彼女の淫欲の奥深さを実感しつつ、次はどうやって虐め責めてやろうかと考えるのだった。