この間、本当に久しぶりに高校時代の同級生達と飲みに行ったんです。
大学卒業以来長い事会ってなかったので思わず昔話に花が咲いちゃったんですけど、皆結婚してたり、彼氏が居たり。セフレも居たり笑
彼女たちらしいな~って思いながら聞いてました。
え、私?私ですか?大学卒業してから、どうなったかって?
彼女たちには少しだけ話したんですけど…セフレがいます、っていうか、厳密にはご主人様ですね。

流石に大っぴらにご主人様って言えなかったんですけど、セフレって言ったら大体の子達は意外そうな顔してました。
まぁ、気持ちは分かります。グループの中で一番真面目で、セフレとか作らなさそうに見えるのに~って言われましたもん。
それに家もオカタイ感じでしたし。特に母が、彼氏なんて社会人になってからで良い!っていうタイプの人で。
そのせいかちゃんと彼氏出来てセックスしたのなんて、社会人になってからでしたし…汗
もっと厳しかったら、危うく処女のまま一生を終えてた可能性だってあるかもです。そのくらい厳しかったんですよ~。
まぁ、今となっては、親なんて気にしなければいいって言い切れるんですけど。そういうのって中々…やっぱ、気にしちゃいますからねぇ。

だから確かに学生時代の時の、世間を知らない私のままだったらそう…セフレなんて絶対作らなかったかもしれません。彼氏すら怪しいレベルでしたし。
でも、皆さんご存じの通り、大人になれば色んなハプニングとか出会いとか諸々あるわけで。

かと言って、セフレならまだしもご主人様が出来るってどういうこと?って思われるでしょうね。
しかも私のご主人様は外国人ですから…猶更珍しいかも?
とは言っても、海外に行って出会ったとかそういうんじゃないんです。
それに私、英語めっちゃ苦手ですし。かろうじて道案内出来るかな、っていうレベルですよ。
そう、ご主人様の日本語が流暢だから、意思疎通が出来るっていうだけの話なんです。
そして、いくら意思疎通が日本人並みって言っても、日本人男性と違うところも多々あるわけで…(照
ちょっと、内容が内容なだけに人には言えないからこうしてお話しちゃってるわけなんですけど。
聞いてもらえます?私とご主人様の出会いとか、どんな人で、私達がどういう事してるのかとか…。
あと、平凡な地味OLだった私がどんな風に変わっていったのか、とか。

私自身、まさかこんな風になるなんて思ってなくて。
勿論こうなった事自体はとても幸せで満たされてるから良いんですけどね(照
あ、ごめんなさい。こうしてお話してるだけで濡れて来ちゃって…ご主人様と出会う前は、濡れにくくてローション使わないとセックス出来ないレベルだったんですけど。
毎日調教されてる内に、思い出しただけで濡れるようになっちゃって。
…ごめんなさい、ちょっとトイレ行ってきても良いですか?

~目次~

①只の地味OLだった私

②ご主人様と私
③蜘蛛の巣と私
④ご主人様と、私と…。
⑤おわりに

①只の地味OLだった私

改めまして、百合子と言います。
ごくごく普通の、地方都市の中堅企業で働くOLです。
強いて特徴をあげるとすれば、目が切れ長で、割と鼻筋が通ってて、下半身がムチムチな事くらい。
見ての通り地味な私なんですけど、こんな私にも彼氏とかは居たんです。でも、私と居てもつまらなかったらしくてすぐ別れちゃいましたけど…

初彼だったので、一生懸命尽くしたし自分なりに彼の為に頑張ってきたつもりだったのに、陰でATMとかマグロとか言われてたらしくて、すっごいショックを受けました。
ATMに関してもショックでしたが、マグロに関してはその彼が初めての人だったし、セックス中どう振舞っていいかわからなくて、ただ彼の要求通りに振舞ってただけなのに。
ガーンって頭を金槌で殴られたような衝撃でしたね。
同じ会社だから別れた事ってじわじわ広まって、他の社員達には気を遣われたり、からかわれたり…
私が彼と付き合ってた事を良く思ってなかった女性社員たちからは、通りすがりざまに、マグロちゃん♪とか言われたり。
傷口に塩を塗りたくられるような日々を過ごしましたし、結構人間不信になりました。

ですが、そこでへこたれる私ではありません。
どうしたら私を振った彼、そして外野達をギャフンと言わせる事が出来るか(ギャフンって死語ですかね?)、無い頭で必死に考えました。
で…結論、「良い女になろう!」って思い立って。とりあえずヨガを始めたりするも長続きせず。
お料理教室に通ったり、スピリチュアルスポット巡りをしてみたりと中々に迷走してました。
結局ヤケになって、「そうだ、やりまくればいいんだ!」なんてひらめいて、休日に隣の県の繁華街に立ってみる事に。(今思えば、中々にトチ狂ってますけど、その位思いつめてたって思って貰えたら…笑)

そしたら、こんなイモ女でも需要があるのか、ちらほら声をかけられました…いや、深夜近くに地味な恰好で立ってる女なんて珍しい、って好奇心から寄ってくる人たちが多数でしたけど。
俺とホテル行かない?なんて声をかけてくれる人はいたものの、どうしても生理的にうーん?ってなってしまう顔の人たちばかりで(イモ女が何を贅沢を、って思われるかもですけど、イモ女ながらに選ぶ権利は持っておきたいというか…イモ女なりのプライドっていうか…)、中々踏み切るっていうか、付いていく事が出来ませんでした。

それでも引き続き立ってたら、ちょっとガタイの良いお兄さんがこっちに寄って来たんです。人相は…人を5人はあやめてそうな感じの、狂暴そうな感じで。
それでビクビクしてたら、そのお兄さん、ニコッて笑ってこう言ったんです。「俺なんか君に運命感じちゃった。君もだよね?一目みて分かったよ。早速俺たちの愛を確かめに行こうか。」
そう言うやいなや、腕をグッと掴まれたんです。
あかん、このお兄さん完全に目がイッちゃってる…。ただのナンパとは別の種類の危機感を感じて、でも、抵抗しようにも身の危険を感じたので、「いや、あの…」と、しどろもどろしながら内心「あぁ、こんな事ならこんな向こう見ずな真似するんじゃなかった…」と遅すぎる懺悔をしてたんですね。
この時点で9割方、逃げるの諦めてたんですけど。

私、このままこの人に犯されて、山の中で発見されたりするのかな…いや、湾の中から見つかるのかな…なんて妄想してると、「ちょっと。」と、男の人の声がしたんです。
「彼女嫌がってるよね?手、離してあげなさいよ。」おっと、強めの口調です。振り向くとそこには、これまたガタイの良い、人相はケン〇ッキーのおじさんを彷彿とさせる温和な感じのジェントルマンが…というか、海外の人でした。どこからどう見ても、屈強な黒人男性。
でも日本語のイントネーション、完璧です。
私も、ナンパしてきた男性も硬直してると、「さ、こっちに来なさい。」と、黒人男性が私の腕を引いてくれました。
ナンパしてきた男性の方を見てみると、怯えたような顔で「俺、英語わかんないよ…」とぼやいて、俯いてしまいました。そこから小声でよく聞き取れない独り言を、早口でぼやき始めてました。
もはや私の事など眼中にないようです。
色々突っ込みどころはありましたが、とりあえずこんな感じで窮地を脱する事が出来たのでした。

そのまま黒人男性に手を引かれるがまましばらく歩いていて、繁華街を抜けたところで黒人男性がこちらをパッ、と振り向いたかと思うと、ニカッと笑って「良かったね!さっきは危なかったね。もうあんな危ない真似しちゃダメだよ。何があったか分からないけど、お姉さん可愛いんだから、あんな事しないでもっと普通にまともな男見つけなさい。」
真っ白な歯と大きなキラキラした目で、言われました。
思わずドキッとしてしまったのと同時に、何か自分が情けないやら何やら…気が抜けたのもあったんでしょうか、ぶわっと泣いてしまって。

「あらら、どうしたの?!」黒人男性が本気で慌ててるのを見て、泣き止まないと…と思ったんですけど、涙が延々出てきてしまって、止まりませんでした。
そしたら、黒人男性が、そっと私に腕を伸ばして、ぎゅっと抱きしめてくれたんです。
彼の腕の中はすごく暖かくて、ほっとしました。
しばらくそのまま抱きしめてくれてて、「落ち着いたかな?」と声をかけられる頃には、大分落ち着いてました。
そのまま私、何を思ったか「すみません、一緒に休みませんか?」って声をかけてしまいました。
黒人男性は一瞬とても驚いてたんですが、「いいの?君みたいな可愛い子にそんな事言われたら、断れないよ。」そう言うと、もう一回ギュッと私を抱きしめて…そのままホテルにINしたんです。

②ご主人様と私

それが、私とご主人様の出会いです。
黒人男性…ご主人様と寝て感じたのは、前彼と違って、言葉もプレイも凄く刺激的なので、濡れにくいはずの私のおまんこがトロットロになってしまって、ご主人様に「おぉ…物凄く濡れてるね…」と言われてしまったほど。
ご主人様には今までの経緯を全て話したんです、会社でマグロ扱いされている事、何とかして見返してやりたいという事。
その他諸々の鬱積した思いも、全て聞いて貰って…。
何時間話し続けたか分かりませんが、ご主人様はそんな私の想いも全て、目を逸らさず、きちんと聞いてくれました。
(普通に考えたら、相当面倒臭い女だと思うんですけど…ご主人様曰く、自分の気に入った女の話は最後まで聞く主義、ということでした。)

逆に、ご主人様の話も聞きました。
ご主人様は中南米出身。日本の大学を卒業後、日本の企業に就職。たまに海外赴任をする以外は基本的には日本に居て、黙々と仕事をこなしていて…金融関連のお仕事に就いているそうですが、詳しく聞こうとしたら「百合子にはちょっと難しいかも。」と返されてしまいました。(確かに実際難しそうだし、理解出来る気がしません)
そして女性関係については、昔から持ち前の愛嬌で人種問わずモテモテだったものの、少し特殊な性癖の持ち主のせいで、彼を満足させる程度について来れる女性が僅かしか居なかったとの事。

そんな、こんなに優しくてテクニックがある男性なのに…と不思議に思っていたのですが、その時はまだ、”特殊な性癖”の一部分しか知らなかったので、何故ご主人様に付いてこれる女性が少なかったのか、全く見当もつかなかったのです。
そして、この”特殊な性癖”については、後ほど調教されるにつれ…あぁ、女性を虐めることが好きなのだな、と察しました。
そこが受け入れられない女性は確かに…と。

あと、ご主人様の特徴として絶対にあげておきたい事…それは、ご主人様が恐らく、稀にみるデカチンであるという事です。
見た瞬間に、思わず「えっ?!」と声をあげてしまいました。
経験人数1人の私ですら確信する程のデカチンでしたから。
実際最大サイズのゴムが入りきらず、こんな大きなおちんぽ入るのかな…汗、と不安に思っていたのですが、ご主人様の絶妙な腰遣いのおかげで痛く感じる事なく、それどころか、これまでにない位感じてしまったんです。
自分から腰を振る事なんて今まで一度もなかったのに、気付けば自然と腰が動き、あん、あんっ、とリズミカルにメス声をあげてしまう始末でした。
ネットでは”デカチンで感じるなんて都市伝説””デカチンなんて、入れたら内臓が刺激されて気持ち悪くなるだけ”って意見を見てただけに、凄く驚きましたし…本当に、感動しちゃいました。
マグロのはずなのに、あんなに感じる事が出来てしまうなんて。
もう、このデカチンからは離れられない。
突かれながら、本能がそう叫んでたんです。

それと、普通のセックスとは違って「俺の事をご主人様と呼びなさい」なんて命令されて、ちょっと強引に組み敷かれたのも良かったのかもしれません。
だって今まで、そんな風に扱われた事なかったから…。

それで、ご主人様に腕枕して貰いながらお願いしたんです。
「これからも会って貰えませんか?」って。
ご主人様はYESと答えてくれました。ただし条件付きで。
「勿論良いよ、百合子の感度は最高だ、マグロだなんてありえない。それどころか極上だよ。余程元カレの見る目とテクニックが無かったんだろうな笑。
ただ、ほとんど開発してないせいなのか、中のしまりがちょっと緩い気がするな…。これからどんどん開発して行く事。OK?」
勿論、私の答えもYES(OK)でした。
こうして私は、デカチンのご主人様のもと、おまんこを開発する事になったのです。

③蜘蛛の巣と私

その日から、ほぼ毎日…私はご主人様の命令の元、おまんこにバイブを突っ込んだり乳首をクリップで挟んだり、会ってない時でも自分を開発して行くようになりました。
全てはご主人様と、ご主人様のデカチンのため。

それなのに私ったら、元彼とのセックスでほぼ感じてなかったせいか…開発してても、まだまだおまんこが未発達だったようで。
実は、あれだけ気持ち良いご主人様のデカチン調教で、何度かおまんこが傷んでしまった事があったんです。
ゆっくりやっていただいたにも関わらず、です。
これって俗にいう「おまんこに蜘蛛の巣が張ってる」(ずっと手入れされてない&セックスしてない状態の例え)ってやつかな…って、しょんぼりしてました。

でも、それでもめげずに開発を重ねて行って…おまんこが傷む事もなくなり、ご主人様のデカチンを思う存分味わう事が出来るようになって行って…。
数か月後、とうとうご主人様のデカチンで中イキする事が出来たんです。
それからはあれよあれよという間に、連続アクメをキメてしまったり。
イク瞬間を写真に撮られて、後からイキ顔を見せられたりして…。

初めて自分のイキ顔を見たときは凄く恥ずかしかったけど、「私ってこんなにはしたない顔でイクんだ…。」って、思わず生唾をゴクリ、と飲んでしまって。
ご主人様がそれを見逃すわけもなく。
「百合子、舐めなさい」って黒光りする海外規格のデカチンを、目の前に差し出されて。
思う存分ねっとり、唾液をまぶせながら上目遣いでしゃぶり尽くして、鼻息荒くご奉仕しちゃいました。
勿論、わざといやらしい水音を立てる事だって忘れません。
そうするとご主人様のデカチンはすぐ硬くなるので、それ欲しさにお尻をフリフリすると、お尻をデカチンでベチンッ!とビンタされるんです。
それが嬉しくて、余計フリフリしてると、今度は頬をデカチンでベチベチビンタされます。
もう言いようのない悦びに包まれて、おまんこをグチョグチョにしながらあそこを指でくぱぁ…と開いて、ご主人様のデカチンを誘導し、思いっきり突いてもらって、白目を剥きながら失神しちゃいました。
他にも、ご主人様の部屋で窓のカーテンを開けながらセックスしてみたり。
映画館で、あそこにローターを仕込んだまま鑑賞してみたり(大きな効果音が出るタイミングで、ご主人様がスイッチをONにするんです。周囲に聞こえるんじゃないかっていうスリルがたまりません…。)
イモ女で世間知らずだった私は、ご主人様に女としての悦びを叩きこまれ、メスとして開花して行くのを感じました。
今まで自分が女である事をあまり意識していませんでしたが、ご主人様の男性の象徴…立派なデカチンで嬲られる度に、”私はメス”という感覚が強まって行って来て。
どんどん女性らしさが増していったせいか、ご主人様と過ごす日々を送っていく内に、一人で外を歩いていても周りの視線を感じるようになり、そのレベルでの変化があったからでしょうか?
職場で露骨にマグロと罵られる事も少なくなって行きました。
なぜか女性社員からも、です。

まぁ、今まで瓶底眼鏡に黒髪おかっぱ頭だった私が、急にコンタクトにして髪色を明るい茶色にしただけならず、スタイルを良くするために鬼のようにジムに通い始めたり、見た目を改造し始めたのが大きかったんでしょうね。
ネイルとは無縁だったのに、ピンクとか、真っ赤なマニキュアも塗るようになりました。
でも、これでもまだ、ご主人様に釣り合って、いつまでもご主人様に愛して貰い続けるには不十分だと感じたんです。
もっとセクシーになって、ずっとあのデカチンに連続アクメさせて貰いたい…その位、ご主人様からのデカチンアクメは物凄い魅力的だったんです。
ある日、意を決して聞いてみたんです。
「ご主人様、私、ご主人様にもっとお気に召して頂きたいんです。その為にはどうすれば良いでしょうか?ずっと考えて来て…でも、これ以上案が浮かなばくて。お願いです、教えて下さい。」
するとご主人様は、少し考えた後に私の顎をクイッ、と上げると、「それなら名案があるよ。女性らしくセクシーになっていく百合子をもっと花開かせるための名案がね…。何をしても付いて来るんだよ?約束しておくれ。」
ご主人様がズボンのファスナーをジジジッ、とおろして、デカチンをポロンッと露出させながら問いかけます。
「ふぁい…」と、口いっぱいにご主人様のデカチンを含みながら、これから何をされるんだろう…という期待で頭が甘く痺れていくのを感じていました。

④ご主人様と、私と…。

それからしばらくして、私はご主人様の別荘にお呼ばれしました。
「失礼します…」扉を開けた先に目にしたのは、ご主人様に負けず劣らずの屈強な黒人男性達が、3人。
話を聞くと、ご主人様の旧友さん達だそうで。ご主人様から私の話を聞いて、「是非百合子さんに会ってみたい」という事で、今回の場をセッティングしたそうです。
黒人男性とは言っても流石はご主人様のお友達、流暢な日本語で、喋る声だけ聞いていたらまるで日本人そのもの。
ひたすら舌を巻いていました。

和やかに食事をし、他愛もない雑談をし、皆で穏やかなひとときを過ごしていると…
「それで百合子さんは、彼に調教されているのか。彼が羨ましいよ、こんなセクシーなレディと楽しめるなんてね。」
そう言いながら、男性の一人が私にウィンクしました。
急にそう褒められ思わず照れてしまって、下を向いてしまいました。
「照れてる、かわいいね。」他の男性が、私の肩に手を当てると、背中のファスナーをジーッと降ろしていきます。

思わずご主人様の方を見ると、ニコニコと満足そうに私の方を見ていました。
そのご主人様の微笑みで全てを察知した私は、なすがまま、男性達に身を預ける事にしました。
裸になった男性達のチンポも、ご主人様程ではないにしろとても大きくて…。
代わる代わるフェラをし、おまんこで締め付け、濃厚な男くさい空間の中でメスとして思う存分奉仕しました。
ご主人様に、見せつけるように。
(今、ご主人様に見られながら、他の男性と交尾してる…)
バックで突かれながらご主人様の方をチラッと見ると、ご主人様のおちんぽがズボン越しに膨張しているのが見えました。
それが嬉しくて、一層感じてしまいました。でも、感じてるのはご主人様のおちんぽではなく、他の男性のおちんぽで感じている…何とも言えない背徳感にゾクゾクしてしまい、何度もイッてしまいました。

何度もイカされて床に転がっていると、不意にご主人様が立ち上がり、私の傍に来ると、腕を掴んでグッ、と起こしてくれました。
「あ、ありがとうござ…」言い終わるか終わらないかの内に、ご主人様は私の股をガバッと開くと、デカチンをズズズッ、と挿入しました。
イッた後のおまんこにもたらされた突然の刺激に、思いがけず「ウヒィィィィ!!!」と、絶叫とも歓喜の雄たけびともとれる声を上げてしまいました。
「だ、ダメですご主人様ぁっ!!今はだめぇっ!!!」必死で声を張り上げましたが、構わずご主人様は、ふんっ、ふんっ、と鼻息荒く私を犯し続けます。
イッた後の敏感過ぎるおまんこに、ご主人様のデカチンは刺激が強すぎて…。
さらに連続アクメを迎えてしまいました。

そのまま気絶してたんですけど、目が覚めたら体中に精液がかかってて。
男性達が私を囲んでおちんぽを擦りつけたりして、私をオカズにしてたんです。
それを見て、何とも言えず愛しい気持ちが湧きあがってきちゃって…思わず男性達の前でM字開脚して、「もっとおちんぽ下さい」なんておねだりしちゃいました。
そこから更に男性達、そしてご主人様に犯され続けて…何時間そうしてたか分かりません。
気付けばご飯を食べる事も忘れて4人で身体をひたすらに、貪りあってました。

⑤おわりに

その一件以降、より色気が増したのか?元彼から復縁を持ちかけられたりしました。勿論鼻で笑って断りましたけど。
昔の友人と会う時は一応イモ女時代のビジュアルで会いますが、それでも分かる人には分かるらしく、「好きな人でもいるの?」なんて聞かれちゃいます。
セフレとしか答えられないのがとても悲しいところです。
セフレなんかじゃなくて、ご主人様なんですけど…。
今でもご主人様と私、そしてご主人様の旧友達とは定期的に4Pをしたり調教して貰ったりして、凄く充実した日々を過ごしています。

最近の目標はアナルへのデカチン挿入で、今頑張ってアナルも拡張して行ってるところなんです。
ガバガバになったらどうしよう…と思ってたんですけど、ご主人様曰く「ガバガバのアナルになったら、僕たちが代わる代わるに腕を入れてあげたりする事が出来るからいいじゃないか。」なんて言ってくれたので、安心して拡張に勤しんでいます。

またご主人様達は、たまに仕事の関係で海外出張に行くのですが、その際にお土産として海外のSMクラブでの調教の様子を撮影した動画を持って来てくれます。
海外のM嬢ったらすごくて、アナルにフィストを入れる事もすんなり出来ちゃうみたいで。
見入ってしまうと同時に、羨ましい…と、嫉妬にも似た気持ちがこみあげて来ます。
今のところ海外のM嬢ほどのスキルは持ち合わせていませんが、せめてご主人様を退屈させまいと、街で声をかけてきた人達とワンナイトラブする時にこっそりカメラを回して、セックスの様子をご主人様に送ったりしています。
それと、開発の様子やオナニーの報告も欠かしません。
せっかく一緒に居てくれているのですから、この位はしなければ!と思って、尽くしています。

そんなご主人様と会う時は…デカチンを思いっきり味わう事が出来るんです。
色んな人と寝て来ましたけど、やっぱりご主人様のデカチンが一番ですし、やみつきになってますから…本命はやっぱり、ご主人様のデカチンです。
これからももっと淫乱になって、出来ればクリトリスや乳首ももっと肥大化させて。
ご主人様のデカチンに見合う位の女性になりたい、そう思ってます。