「いたい…っ…やめ…て…」

声にならない声で懇願しても男は心底楽しそうな笑みを浮かべて私をレイプする。そして既にボコボコになっているであろう私の顔をさらに殴り続けた。

まさか、私がこんな目に遭うなんて…後悔してもしきれませんが、これは私がある男に騙された挙句、暴行レイプされて身も心もボロボロになった話です。

当時、私は20代前半のOLでした。表向きはどこにでもいる普通のOLですが、プライベートではSMを楽しむM女でもありました。
と言っても軽く縛られたり玩具で責められたりといったソフトSMが中心のライトなM女です。
きっかけは元カレとのSMセックスで、別れた後もそういったプレイが忘れられなくてアプリやSNSで同じ趣味を持つ男性との出会いを募って楽しむという感じでした。

私の容姿は中の下。お世辞くらいでしか可愛いと言われないので職場など普段の生活の中ではモテとは無縁ですが、若くてSMプレイが楽しめる女は需要が高いようでネットで募集すればすぐに何十人もの男性からアプローチを貰えます。ネット上ではモテた気分を味わえました。

私はアプローチをくれた男性の中から最も条件の合う男性を選びます。プレイの内容で決める事もあれば、やりとりの雰囲気で決める事もあります。
幸いにも出会った男性はみんないい人でした。食事もご馳走してくれたし、無理強いするような人はいませんでした。中には“お礼”をくれる人もいました。

お礼を貰うようになってからは財布がピンチになればそういう相手を募集するようにもなりました。OLのお給料は手取り十数万、何とか生活は出来るものの贅沢は出来ません。数万円の金銭的な余裕があるだけで生活は充実します。
といっても浪費家ではないので、お礼ありの相手を求めるのは2,3ヶ月に一度程度でしたが。

ネットを通じての出会いは怖い。こういう女性は多いと思いますし、私も最初はそうでした。けれど出会う男性はみんな常識的で特別変な人もいなかったので、いつの間にか警戒心もなくなっていました。アプリやSNSでの出会いが私の中では当たり前のようになってしまっていたのです。

そんな時出会ってしまったのが、私の身も心もボロボロにした男です。

男はSNSを通じて私に5万のお礼を提示してきました。これまで一番貰った額でも3万だったので破格でした。
驚きましたが、“SM倶楽部だとこの倍はかかるから”と言われて納得しました。その気持ちの中には多く貰える事は私にとって損はないという思いもありました。

間もなく男と対面しました。見た目も服装も至って普通、どこにでもいそうな30代くらいの男性でした。

早速ホテルに誘われます。大抵の男性は最初に食事からという流れになりますがプレイの後で食べる事もあります。お礼ありの男性とはプレイのみという事もあるだけに私は特に気にせずついて行きました。

ホテルに着くと最初に約束のお金を手渡されました。この事で私はすっかり信用してしまったのです。
その後、シャワーを浴びるように促され浴室へ。浴び終え出てくると早速私は拘束具で後ろ手に拘束されました。そしてベッドへ押し倒されます。
ここまでは特別珍しい流れではなく、むしろこの後どんな風に責められるのだろうかと、良い意味でドキドキしている私もいました。
けれど、そんな期待は見事に裏切られてしまったのです。

突然、顔面に感じた鈍い激痛。一瞬何が起こったのか分かりませんでしたが、すぐに私は殴られたのだと理解しました。途端に恐怖がこみ上げてきます。

「なんで…なんで…?」

あまりの恐怖にこう問いかけるのが精いっぱいでした。

「5万も受け取っておいて“なんで?”はないだろ。今日はたっぷり楽しませてもらうからな。当然俺が満足出来なかったら金は返してもらうぞ」

男はそう言ってまた力いっぱい私の顔面を殴りつけます。

「顔の形が変わる前にアレ、やっとかないとな」

男は独り言を呟くと鞄からガムテープを取り出し、私の太ももと脛を左右それぞれまとめてグルグル巻きにします。私はあっという間に開脚状態で身動きが取れなくなってしまいました。
そして今度はマジックペンを手にするとお腹の辺りに何かを書き始めたのです。手足の動きを封じられ、私は首を振る事でしか抵抗出来ません。もちろんそんな抵抗が通じるはずもなく結局はなすがままに。
書き終えると男はさらにスマホを手に取り、写真を撮り始めました。

「ほら、見てみろよ」

写真を撮り終えると、男は私の方へ画面をやりました。そこには全裸で股を広げた私の姿、殴られたせいで頬は心なしか腫れています。その上お腹には“強欲売春マゾ女”と落書きされていました。

「俺がこの写真を持ってる、って事はどういう事か分かるよな?」

遠回しに脅されているのだと思いました。この男がこの恥ずかしく情けない写真をを持っている限り、私は何をされても従うしかないのだと悟りました。
この男はいきなり顔面を拳で殴ってくるような鬼畜、この後どんな仕打ちが待っているのだろうかと考えると極限の恐怖に襲われました。

「いや…やめて…許して…お願い…お願い…お願い…!!!」

私はパニックになりながら、自由の利かない体を振り乱し、涙を流しながら思いつく限りの拒否と懇願の言葉を口にしたかと思います。

「うっせぇな!!!!」

男の拳がまた顔面に飛んできました。強烈な痛みと共に鼻の奥がツーンとして喉の奥に生暖かいものが流れてきたかと思うと血の味が広がります。

「きったねぇな、鼻血垂らしやがって」

男は吐き捨てるように言うと、ベルトを外しズボンを脱ぎ始めました。男のペニスが露わになります。

「ほら、マゾらしくご奉仕しろよ」

男は私の髪を乱暴に掴み上げました。ここで抵抗してもまた拳が飛んでくるだけ、私は口を開こうとしましたが殴られた痛みで上手く開ける事が出来ません。
それでも男は容赦なく私の口の中へペニスをねじ込んできました。そして乱暴に突き入れられます。喉の奥まで突かれて何度も吐きそうになる私。痛みと苦しさで涙が止まりません。

「もっとイイ顔しろよ、全然立たねぇだろうが」

と言うと、男は私のお腹を殴りました。

「ぅぐぇ…!!」

口内を乱暴に犯され既に吐きそうになっていた上に拳がみぞおちに入った事で本格的に吐き気を催します。シーツは胃液と消化物に塗れました。

「汚ぇな!俺のチンポをゲロで汚すんじゃねぇよ!!!」

男は怒鳴りながら私の顔面を何度も殴りつけました。

「い…っ…ひぃ…」

あまりの痛みに言葉にもならない声が漏れます。再三の殴打で口の中も切れ、目も腫れてきたせいか視界も狭くなりました。何より恐怖と痛みで抵抗する気力も失せそうでした。このまま言いなりになればそのうち終わるだろうか…そんな思いが頭を過ぎります。

けれど、男はそんな私にさらなる恐怖を植え付けました。

「大金受け取っておきながらろくに奉仕も出来ない役立たずにはお仕置きが必要だよな」

男の手にはスタンガン。抵抗せずに大人しくしておけばそのうち終わる…と考えていた私は絶望しました。

バチバチバチッ!!

男は私の目の前で見せつけるように放電させます。その音は私を恐怖のどん底に突き落としました。

「イヤ…イヤ!イヤ!イヤぁぁぁ!やめて…お願い…お願いします…!」

最後の力を振り絞り抵抗するもスタンガンを顔に押し当てられて…

「ひぎぃゃぁぁぁ…!!!!」

殴られる痛みとは違う鋭い痛みに思わず叫んでしまう私。男はそんな私を見て笑いました。

「面白い声出すな、お前」
「今度はどこに当ててやろうか?」

男はニヤニヤと笑いながら私の体にスタンガンを滑らせます。この状態でスイッチを入れられたらさっきの耐えがたい痛みをまた経験する事になる…私は恐怖で身を強ばらせました。

スタンガンの感触は胸、お腹、脇腹…と徐々に下へと移動します。そして内股へと差し掛かった時でした。

「やっぱココだな」

男はとうとうスイッチに指をかけました。

「い゛い゛い゛い゛ぃぃ…!!!」

スタンガンを当てられたのは性器。顔にされた時よりも長い時間押し当てられます。無数の針で刺され、ズタズタにされるような痛み。再び涙が溢れてきました。

性器へのスタンガン責めはしばらく続きました。足は開脚状態で拘束されているので閉じる事も出来ずなすがまま。数秒間隔で何度も電気を流されて、最初の何度かは声を上げてしまいましたが、もう声すら出なくなりました。

ただただ耐えているとようやくスタンガン責めが止まりました。これで解放されるだろうか…と期待しましたが、それは甘い考えでした。
男がおもむろに私の上へ覆い被さったのです。開脚状態の足を両手でさらに広げられ私の性器に男のペニスが押し当てられます。そしてそのまま中へと押し込まれてしまいました。

これまでの陵辱の限りに比べたら挿入くらい大した事ないと思ったのは一瞬で、男はペニスを抜き差しするたびに強烈な痛みを覚えます。
スタンガンで何度も責められ私の性器は火傷のようなダメージを負っていたのだと思います。傷口をたわしで思いっきり擦るようなヒリヒリとした痛みに襲われたのです。

「いたい…っ…やめ…て…」

声にならない声で懇願しましたが、男は笑みを浮かべながら私を犯し続けます。

「いたい…いたい…」

独り言のように何度も苦痛を訴える私が癇に障ったのか、男はまた私の顔面を殴り始めました。何度も何度も殴られて気が遠のく思いがしました。いっそこのまま気を失ってしまった方が楽だったかもしれません。けれど男はそれを許しませんでした。
男は再びスタンガンを手に取り、私の乳房に押し当てたのです。

「…っっ!!!!!!」

目が覚めるような痛みが乳房から脳髄へと駆け巡りました。
スタンガンを当てられると気絶すると思っている人も多いと思いますし私もそういったイメージがありましたが、実際はそんな事はなくてただただ苦痛だけが続きます。

鈍痛と鋭痛、二つの違う痛みで私は気を失う事も出来ず無理矢理犯される精神的苦痛と肉体的苦痛に身悶えながら耐えるしかありませんでした。
男はそんな私を見下ろしながら楽しそうに言いました。

「スタンガン使うと締まりがよくなるなぁ」

再び乳房にスタンガンが当てられます。

「き…ひぃ…」

喉が引き攣れるような声しかもう出ません。

痛くて、辛くて、もう死んだ方がマシだと思いました。そして同時にもしかしたらこのまま殺されるんじゃないかという恐怖もありました。
けれど手足を拘束されて抵抗出来ない私は為す術もなくて、何とかこの状況から解放される事を一心に願うばかりでした。

そんな私にようやく一筋の光が見えます。

「あーやっとイケそうだわ…」

男は腰の動きを早めました。

早く終われ…!!

私はもうその事しか頭にありません。

そうする内に私の中に迸る熱いものを感じました。男が射精を迎えたのです。
これでやっと終わった…そうであってほしい…と、私は願いました。

男は私の中からペニスを引き抜くと立ち上がり自らの服を正し始めます。
これで本当に終わった…私は少し安堵しました。まだ手足を拘束されているので油断はできなかったけれど。

その後、男は私のバッグから財布を取り出しました。そして中からお札を抜き取ります。

「泣いて叫ぶだけで奉仕もまともに出来ないお前に金なんてやれねぇよ」

男は半笑いで言い捨てました。

「もし警察に言えばお前が売春好きの変態マゾ女だって事が職場や家族にも知られる事を覚えておけよ」

男は最初に撮った写真を再度私に見せて言うと、後ろ手の拘束具を外し部屋から出て行きました。

これで私は本当に解放された…張り詰めていた緊張の糸が切れたみたいに放心状態になりました。そして思いっきり泣きました。
また、全身の痛みが酷くなりました。レイプされている最中も痛かったけれど気を張っていたからまだ耐えられていたのだと思いました。乳房とアソコは火傷のようなヒリヒリとした焼け付く痛み、顔面はズンズンと重い痛みでベッドから動くのも辛い状態です。
それでもここから出ないといけないという思いで何とか両足のガムテープを剥がし、服を着てホテルを後にしました。
部屋を出る前に鏡で顔を確認すると目の周りは腫れ青あざ、鼻からは血が垂れています。顔の輪郭も大きなせんべいみたいにまん丸に。部屋を出る時は持っていたショールを巻いて顔を隠しました。

フラフラになりながらタクシーに乗り家へ着くとまた涙が溢れてきました。
痛いし怖かったし何でこんな目に遭ったんだという惨めな気持ちも入り交じり、声を上げて泣きました。

この後、我慢出来ない痛みで病院へ行った際にDVを疑われ一悶着あったり、職場を数週間休む事になったりと何かと大変でしたが、結局この日あった事は誰にも言えず私の胸の内に秘める事になりました。それでも誰かに吐き出したくてこうやってこの場で語ってしまっているのですが…。

私はマゾだという自覚はありましたが、暴力やハードレイプでは快感を得られる事はありませんでした。むしろこれがトラウマになったしまい出会いを募る事もやめてしまいました。
体の傷は癒えましたが、やはり心の傷はまだ消えなくて…いつかまた、純粋にSMプレイが楽しめるまでに心の傷が癒える事を願うばかりです。