これは真面目しか取り柄のなかったただのOLの私が、巨チンポ狂いの淫乱メスへと堕ちてしまった体験談です。

私は見た目も地味だし、人付き合いもあまり得意ではありません。何の面白味もない女、という言葉がピッタリだと思います。
仕事こそ真面目に取り組むので邪険にされる事はないですが、男女問わず職場の人達から食事やレジャーなどプライベートな誘いを受ける事はないですし、必要以上に仲良くしても意味のない人間だと思われているのでしょう。

職場の中では同僚同士で旅行やショッピングに出かけたりする仲になっている人達もいるのを見るとほんの少し羨ましいなとは思うけれど、ここは仕事をする場であって友達を作る場所じゃないから、と割り切ってやり過ごしています。

当然私には社内恋愛なども縁のない話です。恋愛経験と言えば大学時代に付き合った同級生一人だけ。それでもその相手とは4年続きましたし、人並みに肉体関係もありました。
けれど、お互い社会人になってすれ違いも多くなり別れる事になったという感じです。とはいえフラれてしまったのは私の方でしたが。

こんな人となりなので、毎日の生活は文字通り自宅と会社の往復のみ。休日も基本的には家で過ごす事が多く、買い物など必要があれば外出といった日々を送っていました。

けれどそんな何の魅力もない退屈な生活を一変させたのが一人の白人男性との出会いでした。

その日は数ヶ月ぶりに美容院へ行き、ついでに新しい服でも買おうかと街中をぶらついていました。
そんな時です。

「スミマセン、コンニチハ」

辿々しい日本語で一人の白人男性が声をかけてきたのです。
もしこれがチャラチャラした雰囲気の日本人男性だったら多分警戒して無視していたと思います。もっともそういう男性は私になんて声をかけないと思いますが。

けれど相手は外国人という事で意表を突かれ立ち止まり応じてしまったのです。

「一人デスカ?」
「まあ、はい…」
「お茶シマセンカ?」
「いや、そういうのはちょっと…ごめんなさい」
「チョットダケ、チョットダケダカラ」
「…」

もしかしたら道に迷って誰かに聞きたかったのかもしれない、という考えは声をかけられた当初はありましたが、二言目でこれはナンパだと理解しました。
けれど一度立ち止まってしまった手前、強引に振り切ってその場を離れる事は私には出来ませんでした。
一度断っても食い下がってくるともう、お茶くらいならいいかという気持ちになりました。その気持ちの裏側には折角美容院で綺麗にしてもらえたし、この後一人で買い物するくらいで特に何か予定があるわけでもないし、という思いもあったように思います。そうして私はナンパに応じてしまったのです。

「名前ハ?」
「今日ハ何シテタノ?」
「カワイイネ」
「ソノ髪型似合ッテル」

近くのカフェに入ると彼は片言の日本語で私に質問を投げかけたり、褒め言葉を口にします。
英語なんて話す機会もない私は日本語、そして中学校で習ったような英単語やジェスチャーを交えて返しました。

会話の中で彼について分かったのは、名前はルーク、年齢は27歳で2年前に日本へやってきて、今は学生をしながらバーで働いているという事でした。

最初は戸惑いつつでしたが拙い英語が伝わった事や、こちらが恥ずかしくなるくらいストレートな言葉で何度も褒められた事が嬉しく、また、外国人男性との1対1での会話という非日常的なシチュエーションに一時間程度の会話でしたがあっという間に感じられました。

カフェを出ると彼は何の躊躇いもなく私の手を握ります。男性と手を繋ぐなんて、唯一付き合っていた学生時代の恋人と別れて以降一度もありません。私はそれだけでドキドキしてしまいました。
カフェで連絡先は交換したし、てっきりお茶だけしたらそのまま解散だと思っていたのに。私は手を繋がれただけで彼のペースに飲まれてしまいました。

「カワイイ」
「好キニナリソウ」
「ダメ…?」

当てもなく歩きながら彼はしきりに口説き文句を口にします。もし私が普段から口説かれ慣れているモテ女だったら上手にかわせたのかもしれません。
けれど、付き合っていた恋人にさえ言われた事のないようなストレートな表現にいとも容易く私の心は揺らいでしまいます。
私がモテるはずがないと思う一方で、外国人の感性では私は一目惚れになり得る容姿なのかもと思ったりもしました。この間私は、もごもごと言葉にもならない言葉を返し、恥ずかしそうにもじもじしていたと思います。

そうしているうちに気付けば人気の少ない通りへと連れられました。
時刻は夕方でしたが空はまだまだ明るい時間帯です。夜なら怖いと感じたかもしれませんが、全く人通りがないわけでもないので不安よりもここはどこだろう?とのんきな事を考えていました。

そんな時です。彼が突然立ち止まり、キスをしてきたのです。ビックリしましたが、嫌ではない自分がいました。
一度唇が離れると二度目のキスが始まります。今度は口内を舌で侵されるような、濃厚なものでした。

数年ぶりのキスに、私の中でずっと冬眠していた女性性が目を覚ましたような、そんな感覚に陥りました。

「モウスグ家ダケド来ル?」

彼は通りの先を指さして言いました。私は頷きました。

家に行けばどうなるか、恋愛経験の乏しい私でも想像はつきます。それでも、彼との会話は楽しかったし、こんなに好意を示される事なんて今までなかったし、こんなに私の事を求めてくれるならいいかなと思ったのです。

再び歩き始めて5分ほど、マンションが見えました。彼に手を引かれ中へ入り、エレベーターに乗ります。その中でももう一度キスをして辿り着いたのは3階。彼の部屋へと案内されます。

狭いワンルームマンションにマットレスが一つ。お世辞にも綺麗とは言えなかったけれど、男性らしい部屋だなと思いました。

部屋に入ると早速ハグをされます。そしてまたキス。そしてそのままマットレスまで誘導されました。

ゆっくりと押し倒されると慣れた手つきで服を脱がされていきます。家に行くからにはこういった流れになるのは想定していたけれど、思ったよりも早い展開で私は彼に身を委ねる事しか出来ませんでした。

早々に裸にされると全身をくまなく愛撫されます。触れるか触れないかの絶妙な指先のタッチ、巧みな舌遣い、そして合間合間に囁かれる“ダイスキ”“カワイイ”の甘い言葉。そのどれもが今まで味わった事ないものでした。

付き合っていた恋人とのセックスと言えば、キスされて、5分くらいおっぱいを揉まれたり舐められたりした後挿入、という感じでした。
なのに彼は愛撫だけでも30分は時間をかけていました。全身が蕩けるような感覚になり、もっと欲しい、気持ち良くなりたい、中に入れて…!そんな気持ちがわき起こってきたのです。こんなのは本当に初めての感覚でした。

入念な愛撫の後、彼の指が私の中へと入っていきます。既にもうトロトロのグチョグチョです。

「あぁ…っ…んっ…」
「気持チイイ?」
「うん…」
「カワイイ…」

彼は私の額やこめかみにキスを降らせます。同時に中の気持ちいい箇所を刺激されて、あまりの快感に自ら腰を揺すってしまいます。

「あぁ…いい…」
「何か…おかしくなりそう…」
「あっ…やぁ…あぁっ…いい…!」

快感は鎮まる事はありませんでした。むしろ刺激を与えられる程増していきました。堪えきれない快感に今まで口にした事のないような言葉や声が自然と漏れてしまいます。目の端からは自然と涙も零れてしまいます。

そうする内に何か漏れそうな、溢れそうな感覚が押し寄せてきました。何コレ…すごく気持ちいい…と思う間もなく、その時はやってきました。

「あぁ…!いい…いいぃぃぃ…!!!」

体を仰け反らせ全身が小刻みに震えました。これが“イク”という事なのだと初めて体感しました。私は今までイクという経験をした事がなかったのです。

イッた後はもう、全身の力が抜けてしまいました。彼は満足そうに私を見つめます。そしていよいよ、と言わんばかりに自らの下着に手をかけました。

何コレ、大きい…

彼のモノを見た私の率直な感想でした。既に大きくなっていたソレは15cmは優に超えていたでしょう。彼は私の手を取ると、自分のモノへと誘導します。ソレを握ると指が回りません。ぎゅっと締め付けるように力を入れてようやく指先同士が少し触れる程の太さでした。

最初に見ていたらこんなモノ入りそうにない…と怖じ気づいていたかもしれませんが、一度イカされて快感に浸りきっていた私は大きいのを入れて欲しいという気持ちの方が勝りました。

彼は私のアソコに先端をあてがいます。そしてゆっくりと侵入させていきました。

「んんっ…」

ちょっとキツくて痛い…というのが正直な最初の感想でした。きっと私の顔が歪んだのが分かったのでしょう。彼は無理に押し込む事なく、少しずつ腰を揺らしながら徐々に挿入を試みます。私はそんな彼に応えるように、力を抜くように努めました。

最初は痛みを伴ったもののすぐに慣れてしまいました。そして5分もすれば全て飲み込んでしまったのです。
膣の中は彼のモノで一分の隙間なく満たされました。とにかく存在感がすごかったです。
彼のモノが出入りするたびにいやらしい声が漏れてしまって、私が私ではなくなったような気分でした。

やがて、彼の腰の動きが早まります。私は彼にしがみつき、全てを受け入れる体勢に入りました。

ドクドクドク

と、私の中で脈打つのを感じたと同時に彼が私に覆い被さりました。そして抱き締められます。

「My love…」

彼が私の耳元で囁きました。

この日から、私は彼の虜になってしまいました。彼自身にというのももちろんですが、彼のセックスから離れられなくなってしまったのです。

彼とは多い時では週3でセックスに明け暮れていました。大抵は彼の家でした。彼に呼ばれて家に行きセックス、そういった流れでした。

今考えれば都合のいいセフレだったのだと思います。呼び出せばホイホイやってくるし、お腹が空いたと言えば近くのお店でテイクアウトをしてご飯を持ってくる。お金こそせびられる事はありませんでしたが、彼にとっては食欲も性欲も満たせる相手であった事は間違いないでしょう。

それでも私は彼から与えられるセックスの快感や甘い言葉に酔い痴れて、彼に夢中となっていました。

けれどそんな日々が終わったのは半年ほど経った頃。突然彼から連絡が来なくなりました。それまでは少なくても週に1度は連絡をくれていたのに。心配になって私から何度か連絡すると数日後にようやく返信が。

“ゴメン、今忙シイデス”

といった内容のみでした。
これを境に彼から連絡がくる事はありませんでした。というかブロックされたようでした。
家にも行きましたが応答はなし。忙しいとだけで具体的な状況が分からない私は納得がいかず、仕事終わりに毎日家を訪ねました。
ストーカーと思われるかもしれませんが、同じ対応をされたら心配で誰でもこれくらいするんじゃないかと思います。

こんな日々が2週間ほど続いたある日。その日も彼の家を訪ねようと向かっていた時でした。その道中で彼を見つけてしまったのです。隣には美人な女性がいました。
この時、ようやく私はフラれたんだなと理解しました。声をかける事は出来ませんでした。罵倒の一つでも浴びせてやりたかったけれど、隣にいる女性は私よりもずっと美人。本当はこういう人がお似合いだったのだ、私は遊んでもらえただけでもラッキーだったと思うべき存在なのだと思い知らされてしまったからです。

不思議と彼に対する怒りはありませんでした。遊ばれていた事はショックだけど、私のような何の面白味のない女を相手してくれていたのだと思うといい経験が出来たのかもしれないという気持ちの方が大きかったのです。

けれど、体の方は違いました。彼とのセックスが忘れられなくて毎日欲求不満を持て余すような体になってしまいました。初めてオナニーというのもをしてみたけれどやっぱり違います。本物のセックスがしたい、大きいチンポが欲しい、そんな欲求を満たす事は出来ませんでした。

そこで私は外国人にナンパされるべく、外国人が集まりそうな場所を調べ、外国人に人気のパブ、クラブなどに足を運びました。
最初は勝手が分からず地味な場違い女がいる、という感じでほとんど声をかけられる事もありませんでしたが、周りの女性のメイクやファッションを真似してみると徐々にたくさん声をかけられるように。

こうして私は外国人男性の巨チンポを求め、外国人のナンパスポットに足を運んではお持ち帰りされる淫乱メスへと堕ちてしまったのです。

私のような女を憐れに思う人もいるかもしれませんが、それまで何の面白味もなかった女がオシャレをしてナンパ待ちが出来るようになったし、性の歓びを知る事も出来ました。私は今までの退屈な日々を一変させてくれたルークには、今では感謝の気持ちもあるくらいです。