自分から迫るにはどういうテクが必要?S男性と関係を持つための秘訣

あなたがもしM女性であれば欲しいのはどんなタイプの男性ですか?
やっぱりデートでもセックスでもグイグイリードしてくれて引っ張ってくれるS男性って魅力的だと思いません?

基本的に自分からアピールするのが苦手で受け身がちになってしまうのがM女性。
しかし男性がアプローチしてくるのをただ待っているだけでは恋は掴めません。
S男性もM女性を求めていることが多いので競争率は結構高め。

しかし「どうせ私なんて…」そう思って諦めてしまうのはまだ早いです!
M女性でも気になる男性にはアピールしていくことが大切です。
この記事ではM女性がS男性といい関係を作るにはどうすればいいか?をまとめてみました。

S女性のようにガンガンアピールするのが苦手ならM女性ならではのアピールの仕方を身に付けてみましょう!

①イタズラや煽りにちゃんと乗っかってあげる

S男性は悪意のないイタズラやちょっかいや煽りが大好き。
そうやって女性が困っている顔を見て楽しみS心を満足させています。
まさにS!といった感じの行動ですね。
しかし言ってみればそうした行動はS男性特有のコミュニケーション方法の一つ。
からかって女性の「もー!」といった顔が見たいだけなんです。

なのでここをちゃんと乗っかってあげればS男性は喜んでくれます。
そして好感度もアップ!
もし周りに人がいれば「この二人なんか楽しそうだな」と周りの人を味方に付けていい雰囲気を作ることもできちゃったりします。

注意点としてはいじりもエスカレートする可能性があることと、疲れてしまわないようにすること。
もし少しでもイラッとしたらそこがあなたの許容範囲。
そこからは線引きをして相手にしないという感じで許容範囲の設定は自分でしっかり行いましょう。
中には限度のわからない人もいるので本当に傷付いてしまっては意味がないですからね。

そうして適度にいじられキャラになってあげることでS男性の少年のようなイタズラ心を満たしてあげることができます。

②男を立ててあげる

男を立てるといっても難しく考える必要はありません。
S男性は自分が選んだことに対して自信を持っています。
それは行動も服も髪型も買った物も何でもそうです。

つまりそれを褒めてあげればいいわけです。
めちゃくちゃ簡単ですね。
ちょっとぐらい計算であっても全然構いません。
「褒めた」という結果が大切なんです。

でもこれをちゃんとやっている女性って意外と少ないんです。
男性の仕草やファッションなど「ああなんかいいな」と思っても言うタイミングも難しくてスルーしがちです。
あとちょっと恥ずかしかったりとか。
しかしそこを乗り越えて口に出して言うとS男性はとても喜んでくれます。
「こいつは俺のことを理解してくれてる」といった気持ちになるわけです。

言う時ちょっと照れてしまっても大丈夫です。
むしろ照れて赤くなったりでもすれば「かわいいやつだな」と男性はキュンキュンしてしまうかも。
とりあえず「S男性がこだわりを持っていそうなところは褒める」これをやってみましょう。

③その人の前でだけすることをする

S男性は男らしさや男のプライドを普通の男性より大切にします。
男のプライドを満たしてあげるには褒めること以外にも効果的な方法があります。
それは「その男性の前でだけ特別な行動をする」です。
自分が特別扱いされているということは男としてのプライドが非常に満たされます。

とは言え特別難しいことをする必要はありません。
いつもより意識してその人の仕草を目で追ったり、ちょっと声のトーンを変えてみるなど気付くか気付かないかギリギリのラインぐらいを狙います。
ボディタッチも露骨にやるとあざといですがドキッとさせるには効果的。
「あなたに好意を持っている」ということを語らずともボディタッチが伝えてくれます。
「なんで今ボディタッチしたの?」なんてわざわざ聞いてくる男性はいないと思うので是非挑戦してみて下さい。

以前は何とも思っていなかったとしてもこういった特別扱いを繰り返せば男性は女性を意識し始めます。
こちらの目を見つめるように話してくるようになったり質問が多くなったり、距離が近いことが多くなればその男性は確実にこちらを意識していると思っていいと思います。

④軽く甘えて頼りにする

S男性は頼りにされるのが大好き。
そういう特徴はこちらを意識させるために是非利用してあげましょう。

何かをお願いしたり頼みごとをしたり、手伝ってもらったり、自分一人でやろうと思えばできるけどあえて男性の力を頼りにしてみます。
よっぽど嫌がられている限り女性に頼みごとをされて悪い気がする男性はいません。
もしめんどくせーとか言われてもそれは照れ隠し。
本当のところは頼りにされて喜んでいます。
甘え上手な女性は男性はみんな好きですが男らしさを大事にするS男性の場合はさらに効果的なのでどんどん取り入れていきましょう。

⑤悩みを相談してみたり弱さを見せたりする

S男性は男らしい人が多いので性格は多少雑であっても困っている人を放っておけません。
特に女性が悩んでいるとなれば親身になって情熱的に相談に乗ってくれることが多いです。

そこでその性格を利用して仕事の悩みや日常のちょっとしたことなどでも話をしてみると距離が縮まることもあります。
また「友達が‥」的に恋愛の相談を振ってみればその男性の恋愛観を探ることもできます。

S男性は仕事でもプライベートでも身の回りで何か問題が起これば解決せずにはいられません。
頼りになる男性は頼りにされていることを自分でもわかっています。
頼りにされてそれに応えられないのはプライドにも関わるので全力で対応してくれるはずです。
そしてそんな姿に女子はまたキュンキュンしてしまいます。

⑥Sっ気を出してみる

S男性はMの女性だけが好きとは限りません。
S男性は常に自分が主導権を握っていたいと考えています。
そのため自分の思うようにいかない女性がいれば逆に火が付いて「この子をなんとかして手なずけたい」と思うこともあります。
相手のSに対してそれ以上のSで攻めるといった感じですね。
そうしてその女性にこだわり続けているうちにそれが恋愛感情に変わっていきます。

自分が完全にMの場合はSキャラを演じてまでする必要はありませんが、Sっぽさを多少持っている女性であれば使い分けてみるのも面白いかもしれません。

⑦ある程度いい感じになったらあえてちょっと引く

向こうもこちらを意識していると感じたら意識させるための行動はあえて控えてみましょう。
そうすることで男性は何か違和感を感じるようになるはずです。

男性というのは手の届かない物を追いかけて掴もうとするハンター的な性質があります。
好意を前面に見せすぎても男性はそのうちそれに慣れてしまいます。
ここで勇気を出して退いたフリをすることで「あれ?いつもと違うな」「ん?俺何かしたかな?」「何かあったのかな?」と男性は不安になり、それまで追いかけられていた男性が追いかける側に回ります。
あなたのことを考える時間が増え、男性の方からこちらを意識するようになります。

好きを前面に押し出すだけではS男性の思うままなので、そう思わせないためにも一旦退いてみるというのは効果的です。
その結果連絡やコミュニケーションが増えたりすればこっちのもの。
もし散々アピールを続けた後一旦退いてみてそれでも何も気にかけてくれない場合は脈がないのかもしれません。

まとめ

S男性というのは男らしくて友情に熱くて、雑でちょっと乱暴なところもあるけど基本的に優しくて気が利くというある意味昔ながらの男性像を持った男性とも言えますね。
そういった熱い男性というのはスタイルは変わっても女性には昔から人気のタイプです。
SでもMでもなんでもない感じの掴みどころのない男性が増えている時代、「うわーS!」っていう人に出会ったらキュンキュンしてしまうのも仕方ないです。
出会いのチャンスがあったら逃さないようにしましょう!