M女ペディア

"出会えない"を"出会える"に変えるSMハウツーがここにある。SM初心者から上級者まで、SMコラムやセックステクニック、M女に関する情報を全国のS男性に発信しています。

M女コラム

レストラン・居酒屋の選ぶ際のポイント

投稿日:

レストラン・居酒屋の選ぶ際のポイント

M女性との夕方の時間帯でのお待ち合わせの場合には、大体お食事やお酒を楽しめるところでないといけません。
せっかく夕方待ち合わせしたのに、カフェとかだと、お腹も空いてるし話もはずみません。
お腹がすいている時って大体いらいらしてきますよね?

[toc]

レストラン・居酒屋はどんなところがいいの?

居酒屋選びのポイントは以下です。

ちょっと騒がしいくらいの個室な空間のある店を選ぶ
喫煙者なのか非喫煙者なのかで店を選ぶ
値段を把握して予算を調べておく
駅からできるだけ近めの場所

コンセプト居酒屋は選ぶ必要はありません。刑務所とかそういったコンセプトのところも面白いのです
静か過ぎるのも考え物で個室やカーテンがあるならまだしも、隣同士が筒抜けの場合SMの会話がとてもしにくいです。

初めはお互いがどんな人物なのか直接会って理解する場、高級料理店とかではなくて気楽に話せる場所が一番なんです。

SMは大人の遊びです。大人同士、ゆっくりお話ができるところを選びましょう。

2部構成を考えてみる

最初は、おいしい居酒屋でお食事を楽しむ。そして次にバーなど、雰囲気の良いところに移動する。

移動することにポイントがあって、SMにおける一部二部構成と同じで、男女ともに少し気持ちを整理する時間も必要になります。

バーに行けば、おいしいお酒を嗜みながら少しSMのお話を盛り上げたらいいのではないかと思います。

!PC用記事下広告

実際に私が出会えているSM出会いサイト

  • SMism

    M女を探すのであればここ!と言ってしまっていいほどM女の割合が高いです。 一般であれば男女比は7:3ほどですが、ここだけに限っては3:7と、なんと男女比が逆転しまっています。 現状男性会員の供給が間に合わず、ご主人を探しているM女が毎日掲示板に募集をかけているのです。 運が良ければ何人ものセフレを作ることも可能な、まさに夢のようなサイトです。

  • SMマッチングコミュニティ

    ワンランク上のSMをしたい、そういった経験者の人に強くおすすめしたい出会い系です。 精神的調教や苦痛、地に堕ちたマゾ達が平日土日問わず24時間書き込みが絶えません。 個人的にもいま一番ハマっている出会い系です。

  • SMMAX

    恐らく日本で最も会員数が多いのではないでしょうか。ソフトプレイが人気の傾向にありますが、ド変態なセフレ探しにもたいへん便利です。 そして一番の特徴はSMの知識が乏しい初心者の多くはこのサイトの利用が多いという点です。 真っ白な画用紙に色がつくと目立つように、知識がない女の子はたいへん調教しやすく、自分色に育てやすいです。 経験が少ないM女を自分好みに一から育てたい人、SM初心者の人におすすめします。

  • -M女コラム

    執筆者:

    関連記事

    「やめないで、もっと舐めてぇ~」と言わせちゃうクンニの舐め方4選

    クンニとはセックスに欠かせない重要プレイの一つであります。 フェラチオをさせているのに、自分は全く舐めてあげない、これではSM関係は長続きするはずもありません。 上下関係の間でもしっかりと御褒美にクン …

    m女性が思うこんな男性は嫌だ|待ち合わせ編

    今までに女性が会ってきて、こんな男性は嫌だなと思うことをまとめました。 会うまでは行くけれど中々進展が無い方は気を付けてみてはいかがですか? 今回は『m女性が経験したこんな男性は嫌だ|待ち合わせ編』を …

    【SM】乳首調教完全ガイド!M女が悶え悦ぶ乳首責め第5選

    乳首調教とは、その名の通り調教師がM女性に対して、乳首を責めることです。 女性が一番感じる性感帯はクリトリス(陰核)ですが、乳首は第二の性感帯として言われています。 中には乳首では感じない女性もいるこ …

    できるS男は2ヶ月前からクリスマスの準備をしている

    もうすこしで冬最大のイベントクリスマスがやってきます。 S男たちにとってもM女たちにとっても最大の行事だと思います。 できるS男は2ヶ月前からクリスマスにM女とセックスする準備をしています。 今回はそ …

    M女コラムライター・小林ワカメのプロフィール

    初めてのオナニーは小学3年生でした。私、小林ワカメといいます。 好きな食べ物はキュウリ、ニンジン、時々ゴーヤ。毎朝コップ一杯の濃いめのカルピスを飲むのが日課の30代、生粋のM女でございます。 私が初め …