M女ペディア

"出会えない"を"出会える"に変えるSMハウツーがここにある。SM初心者から上級者まで、SMコラムやセックステクニック、M女に関する情報を全国のS男性に発信しています。

SMハウツー

簡単”超”気持ちいい!挿入しながらでも出来るクリトリスを責める方法5選

投稿日:2016年5月14日 更新日:

簡単

挿入しながらクリトリスも弄るのって、結構疲れるし大変ですよね。 でもクリトリスは女が感じる一番の性感帯ですから、疲れるからって諦めたらもったいない! やっぱり男としては大きな声を出して、あんあん喘いでいる声を聞きたいものですから。

そこで今回は「挿入しながらでも出来るクリトリスを責める方法5選」を紹介していきます。

【1】電マ責め

簡単

まずは基本中の基本、電マで責める方法です。

挿入し、ピストンしながら、クリトリスに電マをしっかりと押し付ける。

「んあああああ」という悲鳴にも似た喘ぎ声が、部屋中に響き渡ることでしょう。

【2】ローター責め

簡単

電マより小さくて、当たる範囲は狭いですが、コンセントもいらないし、小回りも利くので様々な体位に活躍してくれます

【3】クリキャップ

簡単

クリキャップにはバイブ機能付きのものも売られています。

視覚的にもとても興奮するのですが、いかんせん外れやすいのが玉に瑕。 しかし、かなりエロいのでおすすめです。

【4】リングで責める

簡単

ペニスに装着するリングです。 良いポイントに当たるかはどうかは個人差があり、ローラーが付いている物など種類も豊富で、値段もピンからキリまであるので、色々なものを試してみるといいです。

腰をグイグイ押し付け、クリトリスを刺激したときのトロ~ンとした顔は堪りません。

【5】指で責める

簡単

感触、強さ加減、肌の温度、やはり人間の手に勝るものはありません。 一番的確に感じるポイントを探し出せるのも、指唯一の利点だと私は思っています。

ちなみに指サック型のバイブレーター機能が付いているのもあるので、それは全く疲れません。

実際に私が出会えているSM出会いサイト

  • SMMAX

    恐らく日本で最も会員数が多いのではないでしょうか。ソフトプレイが人気の傾向にありますが、ド変態なセフレ探しにもたいへん便利です。 そして一番の特徴はSMの知識が乏しい初心者の多くはこのサイトの利用が多いという点です。 真っ白な画用紙に色がつくと目立つように、知識がない女の子はたいへん調教しやすく、自分色に育てやすいです。 経験が少ないM女を自分好みに一から育てたい人、SM初心者の人におすすめします。

  • SM Garden

    M女を探すのであればここ!と言ってしまっていいほどM女の割合が高いです。 一般であれば男女比は3:7ほどですが、ここだけに限っては3:7と、なんと男女比が逆転しまっています。 現状男性会員の供給が間に合わず、ご主人を探しているM女が毎日掲示板に募集をかけているのです。 運が良ければ何人ものセフレを作ることも可能な、まさに夢のようなサイトです。

  • SM生遊戯

    ワンランク上のSMをしたい、そういった経験者の人に強くおすすめしたい出会い系です。 精神的調教や苦痛、地に堕ちたマゾ達が平日土日問わず24時間書き込みが絶えません。 個人的にもいま一番ハマっている出会い系です。

  • -SMハウツー

    執筆者:

    関連記事

    M字開脚縛りの縛り方

    プレイにおいて実用的な縛り、「M字開脚縛り」の縛り方を解説していきます。 ご存知の方も多いのかもしれませんが、アダルトグッズにてこういったM字開脚縛りや、亀甲縛りが簡単にできるグッズが販売されています …

    股縄(またなわ)の縛り方

    股縄とはその名と通り縄を股にくぐらせる縛り方です。 その特徴はなんといっても縄が直接性器に当たるということですね。 ただ、縄の種類ややりなれていなかったりすると快楽よりも痛みが先にきてしまうので注意が …

    メールを送る際のポイント

    書き込みが出来たら次はこちらが気になる相手に対してアプローチをする番です。 基本的には一口コメントと同じで、ポイントは具体的に書くこと、そして会話が続けやすいような文面で送ることの二つです。 って言わ …

    待ち合わせ時のポイント

    お互い何通かやりとりした後いよいよ対面となります。 しかしいきなり人通りのある場所や、騒がしい店内での食事など折角の出会いを台無しにしてしまう人も中には残念ながらいらっしゃいます。 そこで今回はそんな …

    潮吹きが上達するコツ

    多くの男性が大好きな「潮吹き」。 潮吹きができる女性とできない女性、さてあなたはどちらを選びますか、恐らく後者なはずです。 ですが男性にも大なり小なりテクニックが必要なので、潮吹きが上達するコツをお伝 …

    Return to Top ▲Return to Top ▲