M女ペディア

"出会えない"を"出会える"に変えるSMハウツーがここにある。SM初心者から上級者まで、SMコラムやセックステクニック、M女に関する情報を全国のS男性に発信しています。

SM体験談

ゴーヤで失神するM女

投稿日:

この子は大人しくて、性に疎くて、とても可愛げがある子だった。

しかし、躾を続けていくごとに体は快楽を覚え、卑猥な言葉を覚え、今では俺の従順なペットだ。

ゴーヤで失神するM女

アソコをゆるゆるに開発したせいで、ペニスでは全く感じない体になった。

以前のような締まりのよかったアソコはもう無い。

手枷をし、ベッドに固定する。

両足を広げると、アソコからは次々と愛液が流れでてきている。

ローションはこの子には不要だ。

ディルドを挿入し、スイッチを入れる。

「あは・・あはんっ・・」

腰をくねくねさせ素直に快楽を受け止めているようだ。

ゴーヤで失神するM女 「もっ・と。もっとおおきいの・・入れて」

ご主人に要求するなんて図が高いペットだ。

まぁ、長年の付き合いだから別にいいんだけどな。

この子の好きなおもちゃは、ローターでもバイブでもない。

野菜のゴーヤだ。

太く硬く、そしてイボイボが無数についているゴーヤがすきなんだ。

「何がほしいのか言ってみて」 「ゴーヤ、ごーやをアソコに入れて・ください」

俺は先端からゆっくりとぐりぐりねじ込んでいき、ゆっくり動かす。

ゴーヤで失神するM女 「は・あん・・気持ちいいぃ・はあん・」

おもしろいことにこの子はゴーヤで刺激すると必ず失神してしまう。

最初はびっくりしたがもう慣れっこだ。

「だめ、イく、イっちゃう・・」

体全体を震わせ、ぴゅっぴゅと失禁しながら失神してしまった。

俺は気を失っている間に襲うのがとても大好きだ。

実際に私が出会えているSM出会いサイト

  • SMMAX

    恐らく日本で最も会員数が多いのではないでしょうか。ソフトプレイが人気の傾向にありますが、ド変態なセフレ探しにもたいへん便利です。 そして一番の特徴はSMの知識が乏しい初心者の多くはこのサイトの利用が多いという点です。 真っ白な画用紙に色がつくと目立つように、知識がない女の子はたいへん調教しやすく、自分色に育てやすいです。 経験が少ないM女を自分好みに一から育てたい人、SM初心者の人におすすめします。

  • SM Garden

    M女を探すのであればここ!と言ってしまっていいほどM女の割合が高いです。 一般であれば男女比は3:7ほどですが、ここだけに限っては3:7と、なんと男女比が逆転しまっています。 現状男性会員の供給が間に合わず、ご主人を探しているM女が毎日掲示板に募集をかけているのです。 運が良ければ何人ものセフレを作ることも可能な、まさに夢のようなサイトです。

  • SM生遊戯

    ワンランク上のSMをしたい、そういった経験者の人に強くおすすめしたい出会い系です。 精神的調教や苦痛、地に堕ちたマゾ達が平日土日問わず24時間書き込みが絶えません。 個人的にもいま一番ハマっている出会い系です。

  • -SM体験談

    執筆者:

    関連記事

    縄フェチのド淫乱ギャルをSM調教しました

    ギャルっていいですよね。 あのスカルプで携帯を触りにくく伸びた長い爪、目が真っ黒になるまでアイメイクした厚化粧、ヘソとか出てて露出度の高い服装、時代に取り残された彼女達を静粛しなければなりません。 彼 …

    女子大生アナルを堪能

    今は落ち着いたが20代の性欲真っ盛りの頃は一日多いときは10人とセックスをした。 やはり若さというのは偉大だ、今の自分には到底できないだろう。 たまに使っていた出会い系サイトを覗いてみる。 すると今は …

    42歳人妻の排泄体験談

    わたしは今年で結婚して20年経ちます。 夫とは夜の営みも数えられるほどに減り、仕事に出かけた後は毎日自慰をしてしまうくらいです。 でももともとM気質のあるわたしには自慰だけで到底満足できるものではあり …

    ソフトsmとハードsmの境界線は一体何か…

    全国の調教師達に問いたい。 ソフトsmとハードsmの境界線とは一体どこだろうか。 「緊縛はハードプレイだ。」、あるいは「いやいや緊縛はソフトsmじゃないか。」境界線とは人それぞれだ。 よくsm出会いサ …

    う●こが好きとは恐れ入ったぞこのマゾめ!!

    今までも何度かスカトロ好きのマゾと出会ってきた私だが、先日会ってきたマゾは格が違った。 なぜならば毎日食糞している、一日でも食べないと痙攣が起きてしまう、自分の糞をおかずにしている。 スカトロに抵抗が …

    Return to Top ▲Return to Top ▲