M女ペディア

"出会えない"を"出会える"に変えるSMハウツーがここにある。SM初心者から上級者まで、SMコラムやセックステクニック、M女に関する情報を全国のS男性に発信しています。

SM体験談

緊縛というsmジャンルはとても素晴らしいです

投稿日:

既婚者の写真

わたしはかれこれ20年以上smを経験してきております。
路上で拾ったsm雑誌の衝撃は今でも忘れられないほどです。

そんなわたしは緊縛一筋です。

あの縄が女性の体に食い込んでいる姿、そして白い真っ白な肌が赤い縄で縛られている姿、とても美しく神秘的ではありませんか。

このところわたしはプライベートが忙しく、中々smができていませんが、最近会った女性をご紹介しようと思います。

彼女は45歳の既婚者です。

旦那さんとは今でもセックスしているそうです。
ではなぜsmサイトなんかに登録したのでしょうか。

それは旦那さんとはいたってノーマルなセックスしかできていないからです。

奥様はsm願望をお持ちなのに、それができない、だからサイトを利用したのです。

では早速縄で体を縛っていきましょう。

緊縛されている奥様

縄がクリトリスに擦って奥様のあそこは大分湿っています。
時折自分から腰を動かしているので相当気持ちよいのでしょう。

縄の上からバイブを使って刺激していきます。

「ああぁああ・・ああぁ!」

縄から陰核へ振動が伝わり、奥様はとても悶えています。

もう少し強くしてみましょう。

「あぁ!んんっ!!!・・はぁ・・ん」

初めてのsmプレイに感動しているのか、体の反応もとてもいい感じです。
なんども失禁されて、最後には疲れ切っていました。

smサイトにはセックスレスでアブノーマルな願望を持っている女性たちがたくさんおられます。
ぜひお気に入りの奴隷を見つけてみてください。

実際に私が出会えているSM出会いサイト

  • SMMAX

    恐らく日本で最も会員数が多いのではないでしょうか。ソフトプレイが人気の傾向にありますが、ド変態なセフレ探しにもたいへん便利です。 そして一番の特徴はSMの知識が乏しい初心者の多くはこのサイトの利用が多いという点です。 真っ白な画用紙に色がつくと目立つように、知識がない女の子はたいへん調教しやすく、自分色に育てやすいです。 経験が少ないM女を自分好みに一から育てたい人、SM初心者の人におすすめします。

  • SM Garden

    M女を探すのであればここ!と言ってしまっていいほどM女の割合が高いです。 一般であれば男女比は3:7ほどですが、ここだけに限っては3:7と、なんと男女比が逆転しまっています。 現状男性会員の供給が間に合わず、ご主人を探しているM女が毎日掲示板に募集をかけているのです。 運が良ければ何人ものセフレを作ることも可能な、まさに夢のようなサイトです。

  • SM生遊戯

    ワンランク上のSMをしたい、そういった経験者の人に強くおすすめしたい出会い系です。 精神的調教や苦痛、地に堕ちたマゾ達が平日土日問わず24時間書き込みが絶えません。 個人的にもいま一番ハマっている出会い系です。

  • -SM体験談

    執筆者:

    関連記事

    身長132㎝の超ロリ体型M女を玩具責め

    はじめまして。 僕は名古屋で某会社員として働いていて、今年で30になる普通の男です。 もうそろそろ結婚してもいい年になってきたので、実家からお見合いの写真を何枚も送ってられるんですが全く興味はありませ …

    実は旦那の子供ではありません。あなた、ほんとうにごめんなさい

    私は高校生の時から10年間付き合った彼と結婚しました。 結婚式も中・高の友人がたくさん来て、たくさん祝ってくれて、それは人生で一番主人公になれた気がして幸せでした。 ある日、旦那が一週間の海外研修で不 …

    【閲覧注意】絶賛脱糞中

    個人的にスカトロって好みじゃないけど、 この間肛門を開発に開発されてて、絶賛脱糞中のマゾと遊んできたから自慢したいと思います。 見た目はふつーのどこにでもいるような女の子です。 でもSM大好きで特にア …

    42歳人妻の排泄体験談

    わたしは今年で結婚して20年経ちます。 夫とは夜の営みも数えられるほどに減り、仕事に出かけた後は毎日自慰をしてしまうくらいです。 でももともとM気質のあるわたしには自慰だけで到底満足できるものではあり …

    欧米人が尻を木の枝でしばかれ強烈イキ

    外国人のM女ってとても魅力的です。 海の向こう側でもSMという言葉は広く浸透していて、日本とは違って当たり前の存在みたいです。 NGプレイも特にないし、SM大好きだからどんな命令でも応じてくれます。 …

    Return to Top ▲Return to Top ▲