M女ペディア

"出会えない"を"出会える"に変えるSMハウツーがここにある。SM初心者から上級者まで、SMコラムやセックステクニック、M女に関する情報を全国のS男性に発信しています。

SM体験談

緊縛というsmジャンルはとても素晴らしいです

投稿日:

既婚者の写真

わたしはかれこれ20年以上smを経験してきております。
路上で拾ったsm雑誌の衝撃は今でも忘れられないほどです。

そんなわたしは緊縛一筋です。

あの縄が女性の体に食い込んでいる姿、そして白い真っ白な肌が赤い縄で縛られている姿、とても美しく神秘的ではありませんか。

このところわたしはプライベートが忙しく、中々smができていませんが、最近会った女性をご紹介しようと思います。

彼女は45歳の既婚者です。

旦那さんとは今でもセックスしているそうです。
ではなぜsmサイトなんかに登録したのでしょうか。

それは旦那さんとはいたってノーマルなセックスしかできていないからです。

奥様はsm願望をお持ちなのに、それができない、だからサイトを利用したのです。

では早速縄で体を縛っていきましょう。

緊縛されている奥様

縄がクリトリスに擦って奥様のあそこは大分湿っています。
時折自分から腰を動かしているので相当気持ちよいのでしょう。

縄の上からバイブを使って刺激していきます。

「ああぁああ・・ああぁ!」

縄から陰核へ振動が伝わり、奥様はとても悶えています。

もう少し強くしてみましょう。

「あぁ!んんっ!!!・・はぁ・・ん」

初めてのsmプレイに感動しているのか、体の反応もとてもいい感じです。
なんども失禁されて、最後には疲れ切っていました。

smサイトにはセックスレスでアブノーマルな願望を持っている女性たちがたくさんおられます。
ぜひお気に入りの奴隷を見つけてみてください。

実際に私が出会えているSM出会いサイト

  • SMism

    M女を探すのであればここ!と言ってしまっていいほどM女の割合が高いです。 一般であれば男女比は3:7ほどですが、ここだけに限っては3:7と、なんと男女比が逆転しまっています。 現状男性会員の供給が間に合わず、ご主人を探しているM女が毎日掲示板に募集をかけているのです。 運が良ければ何人ものセフレを作ることも可能な、まさに夢のようなサイトです。

  • SMマッチングコミュニティ

    ワンランク上のSMをしたい、そういった経験者の人に強くおすすめしたい出会い系です。 精神的調教や苦痛、地に堕ちたマゾ達が平日土日問わず24時間書き込みが絶えません。 個人的にもいま一番ハマっている出会い系です。

  • SMMAX

    恐らく日本で最も会員数が多いのではないでしょうか。ソフトプレイが人気の傾向にありますが、ド変態なセフレ探しにもたいへん便利です。 そして一番の特徴はSMの知識が乏しい初心者の多くはこのサイトの利用が多いという点です。 真っ白な画用紙に色がつくと目立つように、知識がない女の子はたいへん調教しやすく、自分色に育てやすいです。 経験が少ないM女を自分好みに一から育てたい人、SM初心者の人におすすめします。

  • -SM体験談

    執筆者:

    関連記事

    生意気M女を緊縛乳首攻めで躾

    生意気な小娘には緊縛で身動きを封じる、これは鉄則だ。 そんなM女を緊縛と乳首責めで躾してやった。 「SMプレイに少し興味があります。」 「出来れば優しいお兄さんがいいな。」 「体に痕が残らない様な感じ …

    う●こが好きとは恐れ入ったぞこのマゾめ!!

    今までも何度かスカトロ好きのマゾと出会ってきた私だが、先日会ってきたマゾは格が違った。 なぜならば毎日食糞している、一日でも食べないと痙攣が起きてしまう、自分の糞をおかずにしている。 スカトロに抵抗が …

    ジジイなのに股間年齢は20代

    私は元サラリーマンで綱峰(55歳)と言います。 今はサラリーマンを辞め、貯めた貯金でちいさい頃から夢だった喫茶店を建て、細々と経営しています。 皆さん独身はさびしいとかよく言ってますが、独り身も悪くあ …

    理想の女性と出会って緊縛乳首調教した体験談

    もうすぐ付き合って3年になる彼女兼奴隷がいます。 知り合ったきっかけはSM専門の出会い系サイトで、彼女は掲示板に、縛られて乳首にクリップを付けられて叩き落とされるのが好き、って書き込んでいました。 自 …

    目隠したまま放置されました

    わたしはSM癖がある大学生です。 きっかけは高校時代にわたしの彼氏とその男友達とで3Pをしたことがきっかけです。 口に無理矢理ペニスをねじ込まれ、あそこにもペニスをいれられて、髪を掴まれて色んな事を …

    Return to Top ▲Return to Top ▲