M女ペディア

"出会えない"を"出会える"に変えるSMハウツーがここにある。SM初心者から上級者まで、SMコラムやセックステクニック、M女に関する情報を全国のS男性に発信しています。

SM体験談

42歳人妻の排泄体験談

投稿日:2016年10月21日 更新日:

42歳人妻の排泄体験談

わたしは今年で結婚して20年経ちます。
夫とは夜の営みも数えられるほどに減り、仕事に出かけた後は毎日自慰をしてしまうくらいです。

でももともとM気質のあるわたしには自慰だけで到底満足できるものではありません。
手足を縛られ、口も塞がれ、なにも抵抗できないようにされてから犯される、そんな妄想をしながらオナニーをしているのも事実です。

妻としてではなく、一人の女としてずっと見てほしいと思うのは、わたしのわがままなんでしょうか。

その思いからわたしは出会い系サイトで不倫をしてでもいいから、一人の女としてみてくれる男性と会いたいがために罪を犯しました。

排泄調教をさせられるわたし

42歳人妻の排泄体験談

当日直接会うまでの排泄は禁止されてしまったわたしは、膀胱が壊れてしまいそうになるほど我慢しました。
でもこの調教されている気分にわたしの体はとても悦びました。

その人と直接会った時にはすこしでも膀胱を押されただけで失禁してしまくらい我慢の限界で、わたしはすぐ近くにあるトイレに行ってもいいですかって聞きました。

そしたらいきなり抱き着いてきて彼の勃起したペニスがわたしの膀胱に直接あたるんです。

「離して、でちゃう、でちゃうから!」

彼はわたしのあそこに手を入れてきて、もうわたしどうすればいいのかわからなくなって。

「ここで出しちゃいなよ。」 「そんな・こと。ぜったいい・・や・・。いや。でるゥゥゥゥ。」

お外で放尿するってとても解放的で、すごくきもちよかったです。
彼のせいで新しい性癖が生まれそうです。

実際に私が出会えているSM出会いサイト

  • SMism

    M女を探すのであればここ!と言ってしまっていいほどM女の割合が高いです。 一般であれば男女比は3:7ほどですが、ここだけに限っては3:7と、なんと男女比が逆転しまっています。 現状男性会員の供給が間に合わず、ご主人を探しているM女が毎日掲示板に募集をかけているのです。 運が良ければ何人ものセフレを作ることも可能な、まさに夢のようなサイトです。

  • SMマッチングコミュニティ

    ワンランク上のSMをしたい、そういった経験者の人に強くおすすめしたい出会い系です。 精神的調教や苦痛、地に堕ちたマゾ達が平日土日問わず24時間書き込みが絶えません。 個人的にもいま一番ハマっている出会い系です。

  • SMMAX

    恐らく日本で最も会員数が多いのではないでしょうか。ソフトプレイが人気の傾向にありますが、ド変態なセフレ探しにもたいへん便利です。 そして一番の特徴はSMの知識が乏しい初心者の多くはこのサイトの利用が多いという点です。 真っ白な画用紙に色がつくと目立つように、知識がない女の子はたいへん調教しやすく、自分色に育てやすいです。 経験が少ないM女を自分好みに一から育てたい人、SM初心者の人におすすめします。

  • -SM体験談

    執筆者:

    関連記事

    目隠しソフトSM

    目隠しってそこらへんにあるタオルとかネクタイとかで簡単にプレイできるのに、すっごく興奮できるし征服感あるプレイだと思いませんか? そんな目隠しプレイに最近はまってます。 そしてしたくなったときは、いつ …

    欧米人が尻を木の枝でしばかれ強烈イキ

    外国人のM女ってとても魅力的です。 海の向こう側でもSMという言葉は広く浸透していて、日本とは違って当たり前の存在みたいです。 NGプレイも特にないし、SM大好きだからどんな命令でも応じてくれます。 …

    貧乳Mおんなに最適の乳首調教プレイ

    今は大きな胸をした女性がTVに出るだけで叩かれる時代ですから、もはや貧しいおっぱいを持った女性は相対的に株が上がっていると言わざるを得ないでしょう。 実際SMサイトで日々パートナーを探している男女の中 …

    クリスマスプレゼントで人妻に中出しを送った思い出

    この時期になると思い出す。 クリスマスとイブで会う女5人くらいに搾り、その二日間は精力がなくなる程セックスをした思い出を。 クリスマスシーズンが近くなるM女と会える確率が格段にあがるんだ。 自慢ではな …

    電車でOLをローター調教をした話

    新人社員が増え、一層電車の中が賑わう4月頃、SMサイトでメグミ(仮名)と出会った。 アニメのようなボンキュッボンな体型でOLスーツに身を包んだ彼女はとても美しかった。 その美貌をこれから汚すのだ、この …

    Return to Top ▲Return to Top ▲