童貞でもM女は作れる!奴隷調教完全マニュアル

おはようございます。

今やエスエムが当たり前の世の中になっている今、とても喜ばしい限りです。
ですが、女性にけがをさせてしまう、嫌な思いにさせてしまう、このような悲しいSMを行っている人たちが増えていることも事実です。

これからS男になりたい、M女に興味がある、SMに興味がある、初めはそんな理由でいいんです。
しかし、道を外れてほしくはありません。

SMは痛い、怖い、やりたくない、と思い敬遠してしまわぬよう、本記事を執筆いたしました。

では、ご覧ください。

[toc]

その1:そもそもSMって?

SMとはS(サディスト)がM(マゾヒスト)に対し、玩具や目隠しなどで性的刺激を与える行為です。
勘違いしてはいけないことは、私利私欲のために相手の気持ちを考えないことです。

嫌いなプレイ、好きなプレイ、初めてのプレイ、大勢のM女と出会っているとほんとに様々な女性がいます。

それなのに自分のしたいプレイを無理矢理押し付けることはエスエムとは言えません。

SMと聞くと激しい、痛い、怖い、などの先入観があると思います。
しかしそれは全く違います、ここで断言させて頂きます。

お互いの信頼関係を築きあげ、お互いの気持ちを心から言い合える、そのような関係が本来のSMの姿を私は思います。

第三者から見て、これは苦しそう痛そう、と思っても、調教されているM女はそれを望んでいるのです。

お互いが気持ちよくなれる、それこそがSMプレイなのです。

その2:潮吹きを覚えよう!

潮を吹かすことができるようになれば、あなたは数多くの調教師の中でも優位になるでしょう。
潮吹きは長年の経験だと言われますが、元から眠っている才能でもあると私自身感じています。

コツを掴むことができれば、比較的簡単にできるようになりますので、練習しておきましょう。

⇒こちらの記事に潮吹きのコツを執筆しております。

その3:簡単な緊縛を覚えよう!

SMにかかせないプレイ、それは緊縛です。
緊縛とはその名の通り縄で女体を縛り、その姿を鑑賞するものです。

SMの猛者達は緊縛に目隠しを併用したり、玩具責めをしたり、露出調教までしています。

難しい縛り方から比較的簡単にこなせるものまでありますので、自分がやりやすい縛り方を見つけてみてください。

⇒こちらの記事に代表的な緊縛例を載せております。

その4:嫌がることは強行しない

冒頭でも説明したのですが、嫌がることを無理矢理するS男は一生M女を作ることは不可能でしょう。
探すのが面倒くさい・・であれば、SM出会い系サイトを使えばいいです。

通勤途中やお昼時間に掲示板を覗くだけ、とても簡単です。
あなたと同じ嗜好の方が相手を募集しているかもしれません。

⇒早速SM出会いサイトに登録する

その5:身だしなみはきちんと清潔に。

せっかく会う約束ができた!けど、お風呂も入ってないし、髪はぼさぼさ。髭もぼーぼーっ。

もし逆の立場でこんな女性が来たらどうですか?正直帰ってほしいと思いますよね。

ですから、普段から身だしなみはきちんと整えておきましょう。

⇒こちらの記事で身だしなみをチェックしましょう。