M女ペディア

"出会えない"を"出会える"に変えるSMハウツーがここにある。SM初心者から上級者まで、SMコラムやセックステクニック、M女に関する情報を全国のS男性に発信しています。

SM体験談

休日の昼下がり若妻を犯す

投稿日:2016年11月19日 更新日:

休日の昼下がり若妻を犯す

セックスしてーーーー!! と、無性にやりたくなるときってないですか?

ぼくは毎朝したくなります。 それも結婚している女性、つまり人妻としたくなります。

ここだけの話、このサイトはかなりの確立で出会えます。 いままで某有名サイトを使ってたんですけど、ここに変更したらもうメールが毎日届くんです。

今まで自分が選んでもらう立場だったのに、選ばれる立場になりました。

しょうがないからこの人にしてやるか。 選んだ人は、デキ結婚をして半年にしてお互いの考えがすり合わず、毎日喧嘩ばかりしている若妻です。

「母乳出るの?」

「うーーぅん。いちおう。」

なんか照れ具合が調教しやすそうですよね。 実際会ってみると、簡単に躾できちゃいました。

フェラ嫌いで頑なに拒んでたんですけど、尻を叩いたり、乳首を抓ったりで厳しく躾していったら、なんと彼女の人生初のフェラを奪ってしまったんです。 旦那にも一度もしたことがないらしいですよ。

まぢさいこ!! まぁでも、歯があたって気持ち良くなかったですけど、素人感満点で興奮しました。

赤ん坊が出てきた穴に他人の棒をねじ込むと、若妻はとても気持ちよさそうな雄たけびをあげました。 久しぶりの「モノ」だったんでしょうね、腰の動きがとてつもなくえげつかったです。

このサイトは人妻が多くて、ぼくらみたいな奴らにはたいへん便利だと思います。 使っていない人は一度使ってみてほしいですね。

実際に私が出会えているSM出会いサイト

  • SMism

    M女を探すのであればここ!と言ってしまっていいほどM女の割合が高いです。 一般であれば男女比は3:7ほどですが、ここだけに限っては3:7と、なんと男女比が逆転しまっています。 現状男性会員の供給が間に合わず、ご主人を探しているM女が毎日掲示板に募集をかけているのです。 運が良ければ何人ものセフレを作ることも可能な、まさに夢のようなサイトです。

  • SMマッチングコミュニティ

    ワンランク上のSMをしたい、そういった経験者の人に強くおすすめしたい出会い系です。 精神的調教や苦痛、地に堕ちたマゾ達が平日土日問わず24時間書き込みが絶えません。 個人的にもいま一番ハマっている出会い系です。

  • SMMAX

    恐らく日本で最も会員数が多いのではないでしょうか。ソフトプレイが人気の傾向にありますが、ド変態なセフレ探しにもたいへん便利です。 そして一番の特徴はSMの知識が乏しい初心者の多くはこのサイトの利用が多いという点です。 真っ白な画用紙に色がつくと目立つように、知識がない女の子はたいへん調教しやすく、自分色に育てやすいです。 経験が少ないM女を自分好みに一から育てたい人、SM初心者の人におすすめします。

  • -SM体験談

    執筆者:

    関連記事

    やめてください・これ以上はマン汁でないです・・

    女の潮吹きはとても征服感があり個人的にかなり大好きな部類だ。 その中でも、女を起立させたままマン汁を噴かせる通称ナイアガラの滝はたいへん美しい。 わたしはあまりGスポットを刺激するのはうまくないが、下 …

    【SM体験談】SMはお互いの信頼関係が大切

    アブノーマルなプレイの代表的なものはSMだと思います。 S(責め)とM(受け)が成り立っているからこそ、エスエムが生まれるのであって、相手が嫌がっていてはそれはSMではありません。 なのでSMプレイは …

    【閲覧注意】絶賛脱糞中

    個人的にスカトロって好みじゃないけど、 この間肛門を開発に開発されてて、絶賛脱糞中のマゾと遊んできたから自慢したいと思います。 見た目はふつーのどこにでもいるような女の子です。 でもSM大好きで特にア …

    白人女性との初セックスをした結果・・セフレGET!

    映画とかに出てくる美しい白人女性、健康的でグラマラスな体型の褐色美人。 そんな美しい外国人女性と人生に一度はセックスしてみたい! っと願望を持っている人は多いのではないでしょうか。 ぼくもその中の一人 …

    42歳人妻の排泄体験談

    わたしは今年で結婚して20年経ちます。 夫とは夜の営みも数えられるほどに減り、仕事に出かけた後は毎日自慰をしてしまうくらいです。 でももともとM気質のあるわたしには自慰だけで到底満足できるものではあり …

    Return to Top ▲Return to Top ▲