M女ペディア

"出会えない"を"出会える"に変えるSMハウツーがここにある。SM初心者から上級者まで、SMコラムやセックステクニック、M女に関する情報を全国のS男性に発信しています。

SM体験談

私の露出武勇伝をお話ししよう

投稿日:

私の露出武勇伝をお話ししよう

さて2016年の終わりの足音も大きくなってきた。

皆さんはどんな年だったであろうか。

私の1年を総括して言えば「露出狂伝説」の年であった。

元々私はSMの中でも緊縛が好みなのだが、今年は露出プレイにハマってしまった。

ミニスカノーパンでデパートや路上を歩かせたり、今の季節は全裸でコートを羽織らせて歩かせたり、様々な方法でM女を躾した。

驚いたことが予想以上に出会い系で、露出好きのm女がたくさんいたことだ。

特に私が出会った年齢層では、女子大生や、看護婦、社会人なりたてのOLなど、20代~30代の比較的若年層の割合が多かった。

若い子たちは刺激がほしいのか、ただ単にその世代の中で流行っているのかわからないが、とにかく多かった。

今年出会った中でとても印象に残っているm女は、19歳の女子大生で全裸で緊縛されたままコートを着て、エレベーターの中でコートを脱ぎたいと言ってきた子だった。

都内のあるデパートで待ち合わせ、その子は黒の長いコートを着てきた。

私たちはトイレに移動し、そこで彼女に亀甲縛りを施した。

エレベーターに移動して人が多い瞬間を待ち一緒に乗った。

エレベーター内は後ろが鏡になっていて、辱めるのに丁度都合がよかった。

私は後ろから彼女を手でつつく。

やれ。という合図だ。

赤い縄で縛った白い肌をしている体が露わになる。

他の客は全く気づかなかった、いや分かっていて知らぬふりをするのか、それはそれでまた格別だ。

ジェットコースターのスリルがあるのも好きだが、露出はまたこういった違ったスリルが楽しめる。

もうすぐ長期連休に入るから、今のうちに探しておくのはどうだろうか。

実際に私が出会えているSM出会いサイト

  • SMism

    M女を探すのであればここ!と言ってしまっていいほどM女の割合が高いです。 一般であれば男女比は3:7ほどですが、ここだけに限っては3:7と、なんと男女比が逆転しまっています。 現状男性会員の供給が間に合わず、ご主人を探しているM女が毎日掲示板に募集をかけているのです。 運が良ければ何人ものセフレを作ることも可能な、まさに夢のようなサイトです。

  • SMマッチングコミュニティ

    ワンランク上のSMをしたい、そういった経験者の人に強くおすすめしたい出会い系です。 精神的調教や苦痛、地に堕ちたマゾ達が平日土日問わず24時間書き込みが絶えません。 個人的にもいま一番ハマっている出会い系です。

  • SMMAX

    恐らく日本で最も会員数が多いのではないでしょうか。ソフトプレイが人気の傾向にありますが、ド変態なセフレ探しにもたいへん便利です。 そして一番の特徴はSMの知識が乏しい初心者の多くはこのサイトの利用が多いという点です。 真っ白な画用紙に色がつくと目立つように、知識がない女の子はたいへん調教しやすく、自分色に育てやすいです。 経験が少ないM女を自分好みに一から育てたい人、SM初心者の人におすすめします。

  • -SM体験談

    執筆者:

    関連記事

    母乳が溢れ出る20歳の若母乳首に吸い付く

    男性は18歳から、女性は16歳から結婚できる今の日本の法律だ。 実際わたしの友人の子供たちも早くから結婚している様子。 その多くが恐らく出来ちゃった婚であろう。 そして16だろうと17だろうと、赤ちゃ …

    生意気M女を緊縛乳首攻めで躾

    生意気な小娘には緊縛で身動きを封じる、これは鉄則だ。 そんなM女を緊縛と乳首責めで躾してやった。 「SMプレイに少し興味があります。」 「出来れば優しいお兄さんがいいな。」 「体に痕が残らない様な感じ …

    目隠したまま放置されました

    わたしはSM癖がある大学生です。 きっかけは高校時代にわたしの彼氏とその男友達とで3Pをしたことがきっかけです。 口に無理矢理ペニスをねじ込まれ、あそこにもペニスをいれられて、髪を掴まれて色んな事を …

    42歳人妻の排泄体験談

    わたしは今年で結婚して20年経ちます。 夫とは夜の営みも数えられるほどに減り、仕事に出かけた後は毎日自慰をしてしまうくらいです。 でももともとM気質のあるわたしには自慰だけで到底満足できるものではあり …

    ノーパンミニスカな露出狂JDと路上散歩

    多数のメディアでスマップ解散についての報道がされている中、SNSと言ったネット上では悲しみの声が漏れている。 ジャニーズオタク、通称ジャニオタの女性たちも涙に震え、仕事も手につかない状態であろう。 そ …

    Return to Top ▲Return to Top ▲