M女ペディア

"出会えない"を"出会える"に変えるSMハウツーがここにある。SM初心者から上級者まで、SMコラムやセックステクニック、M女に関する情報を全国のS男性に発信しています。

SM体験談

ソフトsmとハードsmの境界線は一体何か…

投稿日:2016年12月31日 更新日:

ソフトsmとハードsmの境界線は一体何か...

全国の調教師達に問いたい。
ソフトsmとハードsmの境界線とは一体どこだろうか。

「緊縛はハードプレイだ。」、あるいは「いやいや緊縛はソフトsmじゃないか。」境界線とは人それぞれだ。

よくsm出会いサイトで「ソフトsmをしてみたい」と募集をかけているM女や、「ソフトsmでお願いします。」とメールを送ってくるm女がいるが、それは私の中での境界線でいいのか、と毎度思う。

ふと考えた私の中でのソフトとハードの境目は、「体に傷がつく」プレイだ。

例えばよくハードプレイ類に入っているスパンキングプレイ
私にとってはこんなもの皮膚が赤くなる程度、ハードでもなんでもない。

ただ先ほども言ったが、「体に傷がつく」のはソフトではない。
一本鞭で叩くと、肌が切れやすい、これは私の中ではハードだ。

ただ、難しいのはm女性の考えだ。
例えば一本鞭でも私自身がハードと思っていなくても、m女性側はソフトだと考えている人もいる。

こんなだらだらと書いて何が言いたいんだよ。っと思う人がいるかもしれないが、私が伝えたいのは一つ。

しっかりとお互いの気持ちを伝えよう。

仮に会えることになっていたとしよう。
いざSMとなったときに、「私はこんなプレイをしたかったわけじゃない。」と言われることもある。

そうならないよう、会う前にはしっかりお互いのやりたいSMプレイの共有をしておこう。

何も難しいことはない。
じっくり焦らずSMの階段を上って行ってほしい。

実際に私が出会えているSM出会いサイト

  • SMism

    M女を探すのであればここ!と言ってしまっていいほどM女の割合が高いです。 一般であれば男女比は3:7ほどですが、ここだけに限っては3:7と、なんと男女比が逆転しまっています。 現状男性会員の供給が間に合わず、ご主人を探しているM女が毎日掲示板に募集をかけているのです。 運が良ければ何人ものセフレを作ることも可能な、まさに夢のようなサイトです。

  • SMマッチングコミュニティ

    ワンランク上のSMをしたい、そういった経験者の人に強くおすすめしたい出会い系です。 精神的調教や苦痛、地に堕ちたマゾ達が平日土日問わず24時間書き込みが絶えません。 個人的にもいま一番ハマっている出会い系です。

  • SMMAX

    恐らく日本で最も会員数が多いのではないでしょうか。ソフトプレイが人気の傾向にありますが、ド変態なセフレ探しにもたいへん便利です。 そして一番の特徴はSMの知識が乏しい初心者の多くはこのサイトの利用が多いという点です。 真っ白な画用紙に色がつくと目立つように、知識がない女の子はたいへん調教しやすく、自分色に育てやすいです。 経験が少ないM女を自分好みに一から育てたい人、SM初心者の人におすすめします。

  • -SM体験談

    執筆者:

    関連記事

    母乳が溢れ出る20歳の若母乳首に吸い付く

    男性は18歳から、女性は16歳から結婚できる今の日本の法律だ。 実際わたしの友人の子供たちも早くから結婚している様子。 その多くが恐らく出来ちゃった婚であろう。 そして16だろうと17だろうと、赤ちゃ …

    欧米人が尻を木の枝でしばかれ強烈イキ

    外国人のM女ってとても魅力的です。 海の向こう側でもSMという言葉は広く浸透していて、日本とは違って当たり前の存在みたいです。 NGプレイも特にないし、SM大好きだからどんな命令でも応じてくれます。 …

    【SM体験談】SMはお互いの信頼関係が大切

    アブノーマルなプレイの代表的なものはSMだと思います。 S(責め)とM(受け)が成り立っているからこそ、エスエムが生まれるのであって、相手が嫌がっていてはそれはSMではありません。 なのでSMプレイは …

    Mな彼女に便利な自縛のやり方

    質の良いマゾ女と出会い、彼女と共に長く楽しくSM生活を過ごすことが、SM調教師としては一番の目標ではないでしょうか。 近頃ではSM専門の出会いサイトを活用していけばマゾな性癖を持つ数多くの女性と出会い …

    アナルセックス好きのドM変態女と出会った話。

     5年ほど前、出会い系をはじめてから半年ほどでセフレ関係になれたのは二人。厳密にいえば始めた当初から会ったりセックスしたりはできたんだけど、みん援助目的の風俗嬢崩れといった感じで、こっちもメールのやり …

    Return to Top ▲Return to Top ▲