M女ペディア

"出会えない"を"出会える"に変えるSMハウツーがここにある。SM初心者から上級者まで、SMコラムやセックステクニック、M女に関する情報を全国のS男性に発信しています。

SM体験談

「もう許して!」開口マスクでイラマチオ責め

投稿日:2018年6月24日 更新日:

「もう許して!」開口マスクでイラマチオ責め

SM風俗へ毎月通っている独身の中年おやじです。
この世界に入ってからかれこれ10年以上になり、いまではSMをしないと満足できない体になってしまいました。

わたしはイラマチオ愛好家であり、普通の生ぬるいフェラチオでは全然気持ちよくありません。
開口マスクで口を強制的に開けさせ、そこへオチンコをいれる。
そしてだらだらと涎を垂らしながら涙目になり苦しそうにしている顔がとても好きです。

その手の風俗へ通っているのですが、最近プロとではなく本物の素人とやりたくなり出会い系サイトをはじめました。

そしてサイトを使って一週間後、やっと同じ性的嗜好を持っているM女と会うことになりました。

見た目は清楚な感じでほんとうにこんなおやじでもいいの?っと思いました。
その子曰く、経験豊富そうでわたしのような年代を好んでいるとのことでした。

開口マスクを装着し馬鹿面にさせる。
とてもいい眺めです。

大きく開いていているお口に、中年ちんぽをいれていきます。
ゆっくりゆっくりから動き出して徐々にスピードをあげてイラマチオ責めです。

「んんっ!んんっんんっ!!」

苦しそうな声とじゅぽじゅぽと言った卑猥な涎の音が部屋中にひろがります。

「だすぞっ!うけとめろっ!」

「んんんっっっっ!!!」

強制喉射、強制飲精をさせました。

風俗のプロとセックスするよりも、素人感あるほうがやはり気持ちいいですね。
これからもSM出会い系を使っていろんなM女を躾していきます。

実際に私が出会えているSM出会いサイト

  • SMism

    M女を探すのであればここ!と言ってしまっていいほどM女の割合が高いです。 一般であれば男女比は3:7ほどですが、ここだけに限っては3:7と、なんと男女比が逆転しまっています。 現状男性会員の供給が間に合わず、ご主人を探しているM女が毎日掲示板に募集をかけているのです。 運が良ければ何人ものセフレを作ることも可能な、まさに夢のようなサイトです。

  • SMマッチングコミュニティ

    ワンランク上のSMをしたい、そういった経験者の人に強くおすすめしたい出会い系です。 精神的調教や苦痛、地に堕ちたマゾ達が平日土日問わず24時間書き込みが絶えません。 個人的にもいま一番ハマっている出会い系です。

  • SMMAX

    恐らく日本で最も会員数が多いのではないでしょうか。ソフトプレイが人気の傾向にありますが、ド変態なセフレ探しにもたいへん便利です。 そして一番の特徴はSMの知識が乏しい初心者の多くはこのサイトの利用が多いという点です。 真っ白な画用紙に色がつくと目立つように、知識がない女の子はたいへん調教しやすく、自分色に育てやすいです。 経験が少ないM女を自分好みに一から育てたい人、SM初心者の人におすすめします。

  • -SM体験談

    執筆者:

    関連記事

    う●こが好きとは恐れ入ったぞこのマゾめ!!

    今までも何度かスカトロ好きのマゾと出会ってきた私だが、先日会ってきたマゾは格が違った。 なぜならば毎日食糞している、一日でも食べないと痙攣が起きてしまう、自分の糞をおかずにしている。 スカトロに抵抗が …

    ジジイなのに股間年齢は20代

    私は元サラリーマンで綱峰(55歳)と言います。 今はサラリーマンを辞め、貯めた貯金でちいさい頃から夢だった喫茶店を建て、細々と経営しています。 皆さん独身はさびしいとかよく言ってますが、独り身も悪くあ …

    no image

    今までに出会った最高の緊縛ドM女の話

    三度の飯より緊縛プレイが好き、というと過言ではあるが、少なくともノーマルなセックスよりも緊縛プレイが好きだという自覚はある俺の体験談。 いつものように緊縛好きが集まる掲示板を見ていた俺はプロフィールに …

    アナルセックス好きのドM変態女と出会った話。

     5年ほど前、出会い系をはじめてから半年ほどでセフレ関係になれたのは二人。厳密にいえば始めた当初から会ったりセックスしたりはできたんだけど、みん援助目的の風俗嬢崩れといった感じで、こっちもメールのやり …

    Mな彼女に便利な自縛のやり方

    質の良いマゾ女と出会い、彼女と共に長く楽しくSM生活を過ごすことが、SM調教師としては一番の目標ではないでしょうか。 近頃ではSM専門の出会いサイトを活用していけばマゾな性癖を持つ数多くの女性と出会い …

    Return to Top ▲Return to Top ▲