M女ペディア

"出会えない"を"出会える"に変えるSMハウツーがここにある。SM初心者から上級者まで、SMコラムやセックステクニック、M女に関する情報を全国のS男性に発信しています。

SMハウツー

M女の縛り方を学んで自縛の仕方を習得しよう

投稿日:

M女の縛り方

いわゆるSMサイトと呼ばれるところで見つかる調教師というのは、M女の縛り方について熟知している場合が多いものです。
そのため彼らから緊縛調教を受ければ、素人女でもおのずと身をもってM女の縛り方というものを体で学ぶことができます。

M女の縛り方を女自身が学ぶと、それは自縛の仕方を学ぶことと同義になります。
そのため今回は自縛の仕方を学ぶためにM女に緊縛調教を受けさせることの意義について書いていきましょう。

自縛では気づかない点に気づける

自分がとっている行動というのはどれだけ集中してもそれを確実に理解するのはとても難しいことです。
その点、SM調教でM女の縛り方を学べば、自縛好きの女は自分を客観的に見る練習をすることができるでしょう。

こうすれば女の体は感じるのだということや、こうすれば効率よく縛ることができるのだと理解できれば、一人で自縛を続けている時よりも多くのことを学ぶことができるでしょう。
自縛をより深く究めるためにこそ、M女の緊縛を自ら調教師から受けて学ぶ価値は十分にあると言えます。

緊縛

性感を向上させることが可能

SM調教を何度も受けることで、マゾ女の性感がより敏感になっていくというのはよくあることです。
そのため、調教を何度も受けた女性は、受ける以前よりずっと敏感に自縛を感じることができるでしょう。

これまでにSM調教をあまり受けたことがない人はあまり実感していないと思いますが、SM調教を受けることで敏感になる性感の範囲というのはとても広いものです。
ゆえに自縛だけで満足している女性も、一度は試しにSM調教師から調教を受けてみてほしいと思います。

このように素人女がM女の縛り方を学ぶことで自縛の仕方を習得するのはとても良いことだと言えます。
SM専門の出会いサイトでは、こういった理由で全国の自縛好きなM女が出会い探しをしているため、そういったM女との出会いを積極的に楽しんでいってほしいものです。

実際に私が出会えているSM出会いサイト

  • SMism

    M女を探すのであればここ!と言ってしまっていいほどM女の割合が高いです。 一般であれば男女比は3:7ほどですが、ここだけに限っては3:7と、なんと男女比が逆転しまっています。 現状男性会員の供給が間に合わず、ご主人を探しているM女が毎日掲示板に募集をかけているのです。 運が良ければ何人ものセフレを作ることも可能な、まさに夢のようなサイトです。

  • SMマッチングコミュニティ

    ワンランク上のSMをしたい、そういった経験者の人に強くおすすめしたい出会い系です。 精神的調教や苦痛、地に堕ちたマゾ達が平日土日問わず24時間書き込みが絶えません。 個人的にもいま一番ハマっている出会い系です。

  • SMMAX

    恐らく日本で最も会員数が多いのではないでしょうか。ソフトプレイが人気の傾向にありますが、ド変態なセフレ探しにもたいへん便利です。 そして一番の特徴はSMの知識が乏しい初心者の多くはこのサイトの利用が多いという点です。 真っ白な画用紙に色がつくと目立つように、知識がない女の子はたいへん調教しやすく、自分色に育てやすいです。 経験が少ないM女を自分好みに一から育てたい人、SM初心者の人におすすめします。

  • -SMハウツー

    執筆者:


    comment

    メールアドレスが公開されることはありません。

    関連記事

    まな板胸のM女のおっぱいを大きく成長させる方法とコツ

    自分専属のマゾ女を持つことは男が持つ大きなロマンのうちの一つではないでしょうか? 古来から男性は多くの女性と肉体関係を持つことに誇りを見出したりなどしていましたし、今でも一夫多妻制を採用している国なん …

    股縄(またなわ)の縛り方

    股縄とはその名と通り縄を股にくぐらせる縛り方です。 その特徴はなんといっても縄が直接性器に当たるということですね。 ただ、縄の種類ややりなれていなかったりすると快楽よりも痛みが先にきてしまうので注意が …

    股縄綱渡り調教による被虐心の煽り方

    SM調教師がマゾ女性と上手く付き合っていくためには、当然ながら上手くSM調教を続けていくことが必要です。 マゾが望む通り、またはそれ以上の快楽と刺激を与え、彼女が持つ被虐心を最大限に上げていくことがと …

    諸手上げ縛りなどの上半身緊縛方法

    緊縛とは日本の誇るSM調教技術の一つであり、歴史が長く価値も高い技術です。 これを学ぶことは価値あることである分、より深く誰よりも優れた領域まで究めようとすればとても大きな努力と長い時間が必要なもので …

    メールを送る際のポイント

    書き込みが出来たら次はこちらが気になる相手に対してアプローチをする番です。 基本的には一口コメントと同じで、ポイントは具体的に書くこと、そして会話が続けやすいような文面で送ることの二つです。 って言わ …

    Return to Top ▲Return to Top ▲